11日朝から13日朝帰宅という短いですが濃いボランティア活動で
宮城県石巻市に行ってきました。
震災から2年8か月。
やっと、東北に行ってきました。

参加したのは、タイマッサージのチームが行っているボランティアです。
私は受付兼運転手のお役をいただきました。

石巻の仮設住宅をまわって、マッサージをしていくというものです。
全部で100名の方にマッサージを受けていただくことができたと報告されていました。

あちらでは、ボランティアのために自宅を改造して宿泊できるよう提供してくださっている
門脇ハウスにお世話になりました。
門脇ハウスのご主人が、現地の今を説明しながら案内してくださったり、
奥さんが石巻の海の幸を「海鮮丼」にしてだしてくれたりと、
本当にありがたいばかりの歓迎を受けました。



※後ろにみえるドームは、石ノ森章太郎さんの石ノ森萬画館です。

仮設住宅ではタイマッサージを楽しみにしている方々がたくさんいました。
もう13回目となる訪問だそうで、交流も深まっている様子。
帰る日には懇親会を開いてくださって、
もうこれでもかってくらいおいしいものをだしてくれるんです。
なんと朝から海にでて鮭を取ってきてくださり、それをさばいて豪快な鮭鍋に。
さらにお腹にはいっていた、とれたてのいくら。
生カキ、ヒラメのお刺身、カニともう山もり用意してくれたのです。

みんなで歌を歌ってまたくるねと約束して帰ってきたのでした。

どっちが癒されているのかわからない。
そんな感じがしてしまうほど、あちらの方々は見も知らぬ私のようなボランティアの人たちを
やさしく受け入れて歓迎してくれるのでした。

だけどそこに出てこられている方は一部の決まった方たちという話です。
出てこなくて、一人静かに命を絶つ方が先日もでたという話を聞きました。
今、そのように問題が進行していると、
ずっと現地でボランティアを続けている方がおっしゃっていました。

石巻でボランティア活動の拠点となるのが、オープンジャパンの事務所です。
こちらで打ち合わせをした際に紹介してくれたのが、進行中のプロジェクト。
中に、気になるものがありました。
埼玉県加須市にある旧騎西高校で避難所生活を続けている福島県双葉町の方々が
今もなおいらっしゃるのをご存知ですか?
映画にもなりましたし知っている方も多いかと思います。

「双葉から遠く離れて」

原発事故により町ごと避難したのはおよそ1400名の方々でした。
この旧騎西高校の避難所が今年いっぱいをもって閉鎖されることになっています。

昨日、旧騎西高校に行ってきました。
今月に入って残っていた方々も次々と移動され、今は10数名の方が残っていらっしゃいました。ただ、双葉町の方の憩いの場となっているカフェがあり、
近くのアパートに住居を移された方たちがポツリポツリと集まって
テレビをみたり、やってくるボランティアの人にお付き合いくださったり、
また新聞社の取材に答えたり、、、、。

そのカフェもあと1週間程度でいったん閉鎖されるそうです。

私はあるお母さんと2時間ほどお話しながら時間を過ごしました。
いろんなことを考えさせられます。

プロジェクトは、被災された方の自分史を書いて一冊の本にして差し上げるというものです。
少しお手伝いさせてもらうことになりました。

 明日から、初めての被災地ボランティアで東北の石巻に行ってきます。
タイ式マッサージボランティアのチームに入れてもらい、受付で参加してきます。
力強く生きているタイ人一家のお誘いで、私にもそんな機会が与えられました。
できることをやってこようと思います。
ご報告はまた!

いつも見に来てくださっている方、ありがとうね。
なかなか更新しなくて、すみません。
ありがとう。

ケニアの子供たちから届いた歌と祈り

Prayers from kibera for Japan 〜祈り〜 キベラから日本へ


涙が流れたその胸の奥に、同じ悲しみの思いがあるのだろうか。

自分ではどうすることもできない大きな何かの前に
茫然と立ちすくみ、
そしてまた立ち上がって歩きだしている、幼き彼らも。

共有している部分・・・。

私がやっとそのことを
同じ世界に生きていると自覚して、
共有できるようになったのかもしれない。

今までわかった気になっていただけで、
全然共鳴していなくて、ごめんね。

ありがとう。
ありがとう。

想いがあれば、無力なんてことは、ないのだと、
やっぱり思えてきた。

お金は物質化したエネルギーです。

お金はエネルギーなので、滞らせると、喜びません。
ぐるぐると循環できると、喜んで、また戻ってきてもくれます。

自分を経由することで、このお金のエネルギーをどこにまわすのか。
決められるのは、自分ですよね。

イキイキと喜んでめぐるお金を「生き金」と呼びます。

今、最大の生き金として回す方法は、義援金です。
愛を乗せて、お金というエネルギーをまわせば、気持ちいいものね。

「OUTするからINするんですよ」
とエネルギーヒーラー高田大輔さんは「OUT INの法則」を熱く語ってくれました。
今こそ、お金という生きたエネルギーをOUTすることが、
日本の経済の活性化にもつながり、最大の支援となります。というお話。

金額が多いからいい、少ないからたいしたことない、じゃなくてね、

ねばならない、でやるとしんどいから。

愛と共に、
できるときに、やりたい場所で、やりたい方法で。
「なんとなくいいな〜」というのが一番いいそうです。
この「なんとなく」というのは、直感、感覚、自己対話で
「なんだかそうしたい、そうするといいんだよな〜」という感覚なんだそうです。

 やすらぎの部屋TV「今ヒーラーがやれること」再放送でしばらく見られます。

その中でも話題にのぼったのが、
気が動転して、普段買わないものを買っちゃったって話。

実は・・・告白すると
最初の地震の直後、私もサバイバルモードになっていたのか、

友人から教えてもらって
速攻「めかぶ、わかめ、あおさ、納豆、豆腐」を買い込み、
いつもはかわないインスタントラーメンを買い、
いつもはかわない麻婆春雨や中華丼のレトルトを買い、
なんだかフルーツや野菜もてんこ盛りにかごに入れて、
レジで2万円を超えてしまった。
スーパーの店長さんに「すごい買いましたね。うちは休まずやりますから、大丈夫ですよ」なんて声をかけられ、「はい。一応、念のため」なんて答えていた私。

正気を取り戻したときには、「買いすぎた〜〜〜〜」と落ち込んだ上に、
帰省することになり、野菜や冷蔵品のほとんどを友達にあげた。という結末でした。

その事実を、おかしくも、はずかしく思っていたのですが、
「そうか、生き金とはいかなかったけど、普段買わない買い物をして、
ちっとは日本の経済市場にお金のエネルギーをだしたんだ。」

やすらぎの部屋のコオさんやエネルギーヒーラーの高田さんが
「それも支援になっているんですよ」という内容を話してくださっていて、
ほっとした。
そういう自分を裁こうとする自我の手にはまるところだった。
スーパーで2カゴ山盛り買っちゃうぐらい、かわいいものだ。
そんな自分を「笑えるやっちゃな〜」と愛おしくみてみよう。

そうだ、私は完璧じゃないんだもん。もともとそうなんだもんね。
ありのままを受け入れて、認めてあげるんだもんね。
そこからまた進んでいこう。

*************

白い光のエネルギーも送ってます。

white light project for JAPAN&EARTH

3月23日 午前 10時〜
      夜 22時〜

光のワーク伝授も行います。

*************

昨日、両親のいる岡山から埼玉の我が家に戻りました。

お彼岸の3連休、帰省中の方も多かったのでしょう。新幹線は激混みでした。
大宮駅から在来線に乗り換えて数駅。座れないのは当たり前なので、
子どもと「立っていようね」と話していたら、
乗った瞬間、目の前のおじさんが「次で降りるから」と言って
子どもに席をゆずってくれました。

確実に日本中が、やさしくなっている。
そんな気がします。

******
white light project for JAPAN&EARTH

3月22日

   午前10時〜
   午後15時〜
    夜22時〜

光のワーク伝授も行いますので、御希望の方はどうぞ。

******




 
神田昌典さんと臨床心理士の堀之内高久先生の対談で、
【自身の安定】というテーマでメッセージを配信しています。
リーダーへというタイトルですが、
後半は一人一人に語りかけてくださり、
具体的な方法も紹介してくれています。
すごくよかったので、ご紹介します。
震災後3日目の発信ですので、状況が変わってきているところもありますが、
大切なことは同じですので。


このような具体的なメッセージと勇気をいち早く発信してくれたことに
感謝を送ります。すでに多くの方が聞かれていると思いますが、

子供を持つお母さんや
る責任感の強い方、
そして感受性豊かな方々に。



**********

「white light project ~for JAPAN&EARTH」
●ご参加くださっているみなさま、ありがとうございます。

詳しい参加方法などは、こちらを参考にしてください。
イラストでイメージをお伝えしています。


●同時にスカイプにてつながり、私のガイドで一緒にワークする
「光のワーク伝授」も行っています。
可能な方で御希望の方は、詳細こちらです。


****今後の予定*********

20日 午前 10時〜
     午後 17時〜
      夜 22時〜
     
※同時に「光のワーク伝授」も行います。ご希望の方はどうぞ。

*******************

  「white light project 

   〜 for JAPAN &EARTH」


●またの名を、白い光作戦、行われております。
ご参加くださっているみなさま、ありがとうございます。

詳しい参加方法などは、こちらを参考にしてください。
イラストでイメージをお伝えしています。


●同時にスカイプにてつながり、私のガイドで一緒にワークする
「光のワーク伝授」
も行っています。
可能な方で御希望の方は、詳細こちらです。


****白い光作戦・今後の予定**** 

18日 夜  22時〜

19日 午前 10時〜
     午後 17時〜
      夜 22時〜
     
※同時に「光のワーク伝授」も行います。ご希望の方はどうぞ。

*******************

今このとき、必死の思いで福島原発の現場で格闘してくださっている方々がいます。
本当に感謝の思いでいっぱいになります。

☆☆☆

つかえば無くなる、得たものが勝つという原理から
すべてはひとつ、与えても減らないという世界へと
エネルギー面も移行するために、
最も安全に定評のある国日本でこのようなことが起こっている。

という考えも浮かぶ。

でもな。。。

なぜかストンとこない。
そうか、自分からみた、外の世界のことを話している感じがすると思うからだ。

そうだ。この現実を見ているのは、私。

世界があって、私がいるのではなく
本当に、内面が外の世界を創造しているのだとしたら

なぜ私の現実に、福島原発の今があるのだろう、と考えた。


思い出すのは、父のこと。

私の父は、まさに原子力発電所の中の最前線で
身を粉にして働いてきた人でした。

福島原発にもなんども行っていたと思います。

下請けの下請けでしたので、
何かあった時には、先頭にたってその現場に突入していました。

そんな父に、私は感謝をきちっと伝えただろうか。

私は、原子力発電所がなければ、大きく育っていませんでした。
父が原発で働き、お金をかせぎ、そして私を育ててくれました。

*******

そして今私は、両親がいる岡山県倉敷市にいます。
子供たちと一緒に昨日やってきました。

父は、私が誰なのかは、わかりませんでした。
ただ、ニコニコと微笑んで、「はぁ、そうか〜」とうなずいていました。

「少し触るよ」といって、手を当てて
感謝の気持ちと一緒にエネルギーを送っていると

「そんな電気のは、もうせんでもええわ〜」と父がいいました。

「電気じゃないよ、手だけだよ」というと

「ほうか。あったかいな〜」といいました。

心の中で(言葉にして音にすることはできなかった)

「お父ちゃんを助ける為に背中に手を当てた幼い時から
今はね、感謝の気持ちで手を当てているよ。
お父ちゃんがしてきてくれたことを誇りに思うよ。
生きてきてくれてありがとう。こうして肉体をもって存在してくれてありがとう。
お父ちゃんの魂が目指す成長がスムーズに進みますように。」

しばらくしていたら
「もうええわ」と父がいいました。

そこで終わりにしました。
魂にとってベストなことがおこることを、信頼できました。

私自身の解放にとって、必要な行動なんだと思います。

私が葛藤を手放し変化を受け入れるということは、
集合意識へと影響を与え、
そして現実へとつながっているのだと思うのです。

今、私にできる「福島原発」への応援。

それは、ヒーリングのエネルギーを送ること。
そして、その象徴である「父」にまつわる思いを癒し、気づき、愛すること。

クリーニング、クリーニング、クリーニング。

☆☆☆

white light project にたびたび参加してくれている友人から
今日、こんなメールが届きました。
今日の10時からの白い光作戦に参加してくれて
すぐ後に送ってくれたものです。
シェアさせていただきます。

*********

さっきはありがとう。
私の体の一部だった私の子供たちが核の脅威にさらされるということが
どうしても怖かったし悲しかったんだけど、
今日の朝ぐらいから、地球と日本と被災した人と救助活動してくれている人、
原発に対応してくれている人、そして原発そのもの以外で
初めて、やっと核燃料に対してフォーカス出来て、
やっと核燃料も私の一部だったことがわかった。
核燃料本当にありがとう。
関東のこれだけのたくさんのひとに暖かい電気を核分裂によって与えてくれていたこと、
これだけの経済活動を可能にしてくれていたこと、
そして、東京に住んでいた私のCD作りにもそのパワーをくれたこと、
妊娠していた私とお腹の子供たちが寒さひとつ感じることなく
ちゃんと生まれるようにしてくれたこと、
すべて、1号機から6号機の核燃料と核分裂のおかげでした。
今、まったく怖くなくなった。
私の一部が私の一部だった子供たちを傷つけることはないと思う
ゆか、ちょっとほっとしたよ。ありがとう。

********

それぞれの中に、大きな何かが起こっています。





  「white light project 

   〜 for JAPAN &EARTH」


●またの名を、白い光作戦、行われております。
ご参加くださっているみなさま、ありがとうございます。

詳しい参加方法などは、こちらを参考にしてください。
イラストでイメージをお伝えしています。


●同時にスカイプにてつながり、私のガイドで一緒にワークする
「光のワーク伝授」
も行っています。
可能な方で御希望の方は、詳細こちらです。


****白い光作戦・今後の予定****

17日 午前10時〜
     午後15時〜
     午後22時〜

※17日は「光のワーク伝授」はお休みです。
 白い光作戦は、行っておりますので、各自ご参加ください。

*******************



 こうしてみなさんと一緒に光を意図して存在させてもらえていること
たくさんの方が大切なことに気づき、行動されていることに
感謝の気持ちでいっぱいです。

先ほど白い光作戦をしている最中に
地球のことが大好きだったということを一気に思い出して
涙がでました。

小さいころ、草むらにへばりついて虫をつかまえた、あの土と草の匂い。
海の砂浜をいつまでも掘り続けていたときの潮風。
背の低い子供にとって、大地は何より近い存在で、
密接にかかわりあい、感じあっていたと思います。

その感覚を思い出して、今、変革の時をすごす地球に
「ありがとう、だいすきだよ」という言葉をかけることができました。

そんな大好きな地球、そして私を育ててくれた日本、
そこに住む命のいとおしさ。

このプロジェクトに参加してくださっているたくさんの方と
エネルギーを集めることで
そんな感覚をまた意識にあげることができたし、
感じることができました。

本当にみなさん、ありがとうございます。

********

今日行った17時からのヒーリングで
光のワーク伝授をスカイプにておこなっているとき、

我が家の娘や、お友達が、ものすごく楽しそうに
大騒ぎして遊んでいる声がしていました。

いつもならば、静かにして〜と思う場面なのですが
今日はすべてがこれでいいのだと思えました。

子どもの無垢で純真な存在の在り方や
心から楽しそうに歌う歌声が
大きなプラスのエネルギーなんだと思えるからです。

スカイプで参加してくださったみなさんも
「子供の声にほっとした」といってくださいました

*********

ようやく電車が動き出したという情報を得て、
急きょ夜になって旦那が出勤することになりました。

と、それまで元気だった次女7歳が、
急に私にくっついてきて離れません。
淋しいのかな?
怖い?
パパが心配なのかな?

屋根瓦が落ちる程度の被害で済んだ我が家でしたので
元気に遊んでいるから大丈夫かなと思っていたのですが・・・

彼女の小さな胸は、この大災害を経験して
もうはちきれそうになっていたのです。
そしてパパの出勤というのをきっかけに
こらえきれない気持ちがあふれ出し、
コンコンとなき続けたのでした。

その涙は、騒ぎ立てているものでも、わがままなものでもなくて、
ただただ悲しい、この状況に胸がいっぱい、
そんな涙でした。

ああ、今、小さな胸は
耐えきれないほどの衝撃を受け止めようとしているんだ。

そんなことに、やっと気づいたのでした。

いつもはみないテレビのニュースをつけてみていたこともあり、
あの地球の映像が、
人々の姿が、
幼い心に焼き付いたのでしょう。

そしてきっと
もっとも地球に寄り添って生きている彼女は
地球に起こっていることに、大人以上に感じるものがあるのかもしれません。


うまく言葉にだせないけど
たくさん感じてたくさん思っている小さな胸、

どうぞお子さんを抱きしめてあげてください。

*******

白い光作戦、明日も続行します。




 
「white light project 

   〜 for JAPAN &EARTH」


●またの名を、白い光作戦、行われております。
ご参加くださっているみなさま、ありがとうございます。

●同時にスカイプにてつながり、私のガイドで一緒にワークする
「光のワーク伝授」
も行っています。
可能な方で御希望の方は、詳細こちらです。


****白い光作戦・今後の予定****

14日 午後17時〜 終了しました。ものすごく濃いエネルギーを感じました。
         みんなでやっているパワーのすごさを実感しました。
         本当にありがとうございます。

     21時〜 終了しました。ご参加くださったみなさま、感謝いたします。

15日 午前10時〜
    午後17時〜
      22時〜

*******************

私たちがこのように意図することで
本当はみな一つであり、愛でつながっていて、許しあっているということに
深いところで気が付いていく、
変革のときだからこそ、大きな力となっています。

やりやすいやり方で、できるときに、少しずつ、はじめてみましょう。
心の中で、光をイメージして、それに自分がみたされること。
そして、日本と地球に「ありがとう」という気持ちを向けることだけだと思います。
方法は基本、自由です。
直感が働くと思います。

このプロジェクトに参加していると宣言してもらう場合は、
私のことをイメージしてもらえたら、繋がれると思います。
私は、まず自分を光でみたし、それを参加してくださっている方に送っています。

一人よりも、二人、二人よりも、三人。。。

「一人の小さな手、なにもできないけど、
 それでもみんなの手と手をあわせれば、何かできる。何かできる。」

大好きな歌です。

足し算ではなく、掛け算です。

読んでくださって、ありがとう。
気持ちをここに向けてくださって、ありがとう。
その一つ一つの行動のおかげで、
大切なことをみんなで共有できています。

14日10時〜、終了しました。








Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM