評価:
ガブリエル・バーンスティン
ナチュラルスピリット
¥ 1,890
(2013-07-13)
コメント:ACIM(奇蹟のコース)を生きる元コカイン中毒者の奇跡のストーリー。

香咲さんが翻訳の監修をされている新刊本がつい先日発売になりました。
早速手にして、読みました。おもしろくて、すっかりはまって、一気に読みました。

奇跡のコース(ACIM)に出会い、
コカイン中毒から立ち直り、そして今や内なるガイドと共に、おだやかで平和な至福の日々を送るまでに至るある女性の実話が、奇跡のコースの言葉とともに、その思考体系を丁寧に自分の体験をまじえて紐解いてくれます。
各章には、すごくパワフルな瞑想やワークが紹介されていて、
奇跡のコースを生きて実感し変化した人だからこそ、
また非常に生きづらい人生の前半に苦悶した人物だからこそ語れる内容となっています。

奇跡のコースがわかりやすく、立体的になっているので
興味がある方も、現在奇跡のコースに取り組んでいる方にも
本当におすすめの一冊です。

私が面白かったのは、翻訳の力です。
奇跡のコースからの引用がされている個所には
ちゃんとどの部分からの引用なのかわかるように
テキスト〇章の何番の何行目とかまで記載してくれているんですね。

そしてこの本に書いてある奇跡のコースの言葉がとってもわかりやすいのに
意味もつかみやすく指すところが明確で、
正直「えっ?こんなわかりやすくしてくれるの???」と思ったのです。

だから私は、すぐに自分が慣れ親しんだ訳のものと
出版されているものとを開き、
3つの翻訳で同じ場所をみてみたりしたのでした。

印象ってすごいな。翻訳ってこういうことか。なんて思いながら
それぞれがもつ持ち味を再びあじわって、楽しんでいました。

まあ、そんなことはおたくのすることなので別にいいのですが、
この本はすんごいおすすめ!です。



お友達のアーティスト emaさんが
素敵な装丁を創ってくれました〜。ありがとう!!

早速、衣替え(^O^)





この本にとりかかって、もう3週間ほどになるだろうか。

毎日数ページめくっては、急激に襲ってくる眠気にのっかり
眠っては、また読む。

高波動の本を手に取ると起こる
このどうにもこうにも対処できない反応を体験しつつ

読み込んでいる。

この本、

まさに、全部、書いてある。

すごい本だが、今は中古でしか手に入らない。
アマゾンで保存状態のいい本が定価で買えるよ。

やっと。。。
全体の5分の4、読み終えたかな。

いろいろ書きたいが読んでから。
と思っていたら、
ずっとブログを更新できないので
とりあえず、途中報告。

読む気のある方は、
かなりおすすめです。



響く言葉ばかり。
以下、いくつかご紹介。

***********

「まっさらな目を持て! そして目的を捨てろ!」

「なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ。」

「きみはあなた自身を創造していると思いなさい。」

「壁は自分自身だ」

「宇宙的ではなく宇宙なんだ」

「自分の限界なんてわからないよ。
どんなに小さくても、未熟でも、
全宇宙をしょって生きているんだ。」

*********
白いページの上に、一言。
ものすごい実感をもった言葉がつきだしてきて、
どす〜んと奥底にある「生きる衝動」に突き刺さる。

全部の言葉を紹介したくなる。
書いたけど半分消した。

ページをめくるたびに突き出す
そのエネルギーとの新鮮な出会いを
ここで奪ってしまいたくないから。

お久しぶりです。
すっかりブログから離れていました。

何をしていたのかというと、
友達のタイ人のダンスクラスに参加してムエタイとタイ式ヨガのルーシーダットンをやったり、陶芸をはじめたり、本を読んだり、活元やったりと、
何も考えず楽しめる事が生活に占める割合が多くなってきた。

計画性とか、全然ない。
お金のこととか、全然考えてない。
まるでお金持ちのような感じだな。
「そうであるかのように生きる」のも大切だ、ということにしておこう。

本屋にふらりと寄ったら、買うつもりはなかったのに、4冊もかってしまった。
その中の一冊が、これ。

自分の中のアーティストチャイルドを自由にしてあげようという趣旨のコースを
アメリカで開催している作家さんの本だ。



読むというより、やる本だが、私はまだ読んでいる最中。
一度目を通してからやろうと思っている段階だ。

とっても面白い。
クリエイティブな自分の一面を自由にしていくプロセスは
自らの中の創造主と繋がるプロセスといってもいい。

充実感と喜びに包まれて、楽しく生きている状態。

夢中に何かを作っている子供のよう。
時間をわすれて遊んでいる子供のよう。

体ともっと仲良くなって、
心地よさを感じていたいと思う。

私の中に住んでいる アーティストチャイルド。
きっと外にでて遊びたくてうずうずしているんだね。

今日もいい天気。よい一日だ。



 超大作「アカシャ宇宙の叡智(ゲリー・ボーネル)」を
昨日読み終えました。

ゲリーが生きている世界と
私が生きている世界のあまりの差におののく。

とてつもない知覚の中で
歴史の裏に存在した「もう一つの真実」と向き合う
ゲリーの命がけの在り方に
感動と感銘の嵐。

そして何より「叡智」に触れた体験として
「読む」をこえた時間となりました。

のがしたくない言葉をノートに書き記しながら進めたこの「読書体験」、
かいつまんで紹介しようとすればするほど、
簡単にかききれることではないんだと痛感します。

ご自分の世界観をもって体験したいという方は、
直接本を手に取られることを強くお勧めします。
(三部作ですので、最初から読む方が面白いと思います)


************

よしもとばななさんの書いたまえがきに涙し、

ゲリーの書いたあとがきの深さにうれしくなる。

まえがきとあとがきだけでも、お勧めだよ。









1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM