昨日は海の日で賑わう湘南で、
海のように懐ふかく、気持ちよくさせてくれるうえに
超ホットな空間に身を置いてきました。

やすらぎの部屋主催「ACIMジョイントワークショップ」。
ジョイントしたのは、やすらぎの部屋のコオさんと
ニューヨークで奇跡のコース(ACIM)の教師をされていて、
奇跡のコースに関する本も書かれている香咲弥須子さん。

香咲さんには前からお会いしたくて、
奇跡のコースでこのお二人がジョイントなんて!行くしかない!
と早々に申し込んで楽しみにしていた会でした。

いや〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
すごかったよ〜〜〜〜。行ってよかったよ〜〜〜〜!

私としては馴染み深いコオさんのお話をたっぷり味わった後、
初めてお話を伺う香咲さんの担当時間となりました。

香咲さんが話されている間、なぜなんでしょうか。
もう涙が止まらなくて、心の中でどんどんと力が抜けていくというか、
そうだ、私でもいいんだ、こんな私でもいいんだ。と
小さな私が喜んで、嬉しくて、ほっとして、そして泣いているのです。
だから、なんだかハンカチが手放せなくなっていました。

そんな状態なのは私だけだろうと思いきや、
会場のところどころで思い思いの場面で涙をそっとふいている方が
結構いらっしゃったので、それでまたほっとしたのでした。

どんな風にいてもいい。
と許されている空間というのはそれだけで癒されます。

そしてその空間を作っているお二人はそのことを心の底から熟知していて
喜んで一緒にその恩寵を味わっているのだから、本当によいのです。
静かな静かな、でもぐっと響く、ライブなんですよね。
やはり、こういうものは会場に足を運んで
身体全部で感じるのが醍醐味だなって思います。
ライブってそういうもんですよね。

ということを踏まえつつ、
だけど!書きたいので、書いちゃいます。

印象にのこったフレーズ。自分へのメモとして。

***********

自己紹介を「自分と呼吸」という切り口でしてくださった香咲さん。
小児ぜんそくで息苦しさをずっと体験していた幼少期、
東京での生活で息が詰まっていたこと、
バイクにのって湘南をかっとばした時に感じていた息を深く吸えた感覚。
そうして、奇跡のコースのクラスに通い始めて仲間から言われた一言。
「あなたは深く息を吸うために、これをしているんだね」。

●空気は万人に平等に与えられていて、吸ってもなくならない。
また与えてもらえると知っているから私たちは吐ける。
ちょっとでもためておこう、この空気を独り占めしようなんて思わない。

いただきますと受け取って、ありがとう、とお返しする。
ありがたいですね。感謝しかないですね。

●ホーリースピリットがくださるものは、愛の息だけ。

●コミュニケーション、目的は光を見るということ。
相手がいて、コミュニケーションを通じて愛に触れるということ。

●一緒にやりましょう、ということ以外何もなかったという気づき。
この人は聖霊だったんだという気づき。
これを見ていない幻が、すべての問題のはじまり。

●「幻想をとっぱらったら、無ではない。そこには愛があるんだ。」
これに気づいた。これが救いの始まりです。

●「なにもおきていない」とは
自分は被害者ではない。加害者でもない。ということ。

●すべての声は、言葉は、全部正しいのです。
それを批判しようとしている見方が自分の中から出てきているなら
ちゃんとうけとっていない、聞き取る心で自分は聞いてないんだなと思うこと。
すべての言葉から愛が受け取れなかったら、私は受け取っていなかったな
と気づく、正気があるといいですね。
それは心の筋トレですね。

●本当のことさえみれば、幻は形を変えます。

●あらゆるものは、共に分かち合いたいと思っています。
この水は私が愛するために、分かち合うことを待ってくれています。
しおれたもの、水、空気、共にあることでよみがえらせることができます。

●苦しいから救われるのではなく、
癒やしにむけた癒し、それを一緒にやりましょう。

●共にやってこそ神聖さをみます。
共有したとき、それが神のものとなる。

********

まだまだ本当はたくさんの具体的な話があって、
おもしろい部分がいっぱいだったのですが、
こうやって抜粋して文字にしてしまうと
なんだか表面的なものになってしまうような感じがしてしまい・・・。

「エゴは自分の好きなように受け取ります。」
という話しもでたな。
だからみんなで確認しながら、エゴを笑い飛ばすんだって、言っていました。

私たちはこうやって一緒に確認しながら、確かめながら
それで最後は「笑える」ってことがとっても大事なんだなって思います。

書ききれないけど、
私の中でとっても大切な時間となった昨日の一日。
途中のスペシャルタイムのフラダンスも最高でした!

ありがとうございました。

朝から雪が舞っていた。
こんな日は、外出はもってのほか、こたつに入ってのんびりしていたい。
といつもなら思うのだろう。

しかし、昨日は、違った。
会いたい人がいる。
その思いが動力源となり、すいすいと私を会場へと運んでくれた。

誰も座らず空いている最前列に、口火を切って、座ってみた。
せっかくだもん、近くで感じたい。

奇跡のコースの翻訳者・田中百合子さんは
広島県三原市からいらしてくださった64歳。

うちの両親の出身地で母の実家があったため、
子供のころはよく三原に帰ったものだ。
時折でる広島弁に、どうしようもない懐かしさがこみ上げる。

百合子さんと目が合ったら、にこ〜っと微笑んでくれた。
なぜだろうか、それだけで、癒される。

百合子さんの訳してくれたコースの言葉にふれる体験は、
その時その時で感じ方や理解の幅が変化していて、
まるで私の何かと響きあうような生きた感じがある。

だから、一度読んだら終わり。という通常の読書とは違う。

その理由が、昨日お話を聞いて、よくわかった。

百合子さんが奇跡のコースの翻訳に取り組んでくださっていた数年間、
その作業というのは、単なる頭脳を使った翻訳ではなかったという。

まずは原文のフレーズを何度も何度も読み込んだら
後は目を閉じて、直接、といかけるんだそうだ。
「このことを日本語で直接私に言うと、どうなるのですか?」と。
そして受け取った内容を、書き記していく。

チャネリング翻訳。

だからか。
あの独特な言い回し・・・
うけとったのはそうだった。
そのまま書き記してくれたんだ。

そのおかげで私たちは、読書を超えた体験をすることになる。

*******
3時間の講演会の最中に、
奇跡のコースからいくつかの文章をピックアップして
百合子さんが読んでくださった。

なんだろうか。
もう、心が感じずにはいられないのだ。
自然と溢れてくる、安心感と喜びと感動の・・・涙。

すごく洗練された舞台を見て感じる感動にも似ている。

エンターテイメントとして演出せずとも、
きっちりと意図されて放たれたエネルギーは
やさしくかつストレートに胸に届くのだろう。

そして表現としてはものすごくシンプルだけれど
秘めたる力は強力だ、と思う。

小さいころから、人を感動させたい。そして癒やしたいと思っていた。
その答えを明確に感じた。

*******
私にとって、ものすごく意義深い3時間となった。
主催してくださった方々の存在と、
分かち合って下さった百合子さんと、
分かち合うために集まった会場のみなさんに心から感謝します。
ありがとうございました。

かなり自分目線の報告となってしまったけど、
忘れないように書き留めておきたいので、書かせてもらいました。
講演会のリポートは、主催者のやすらぎの部屋のコオさんがブログ
書いてくださっています。
また同じページで他の参加者の方のご感想もリンクされていますので、
ご興味あるかたはどうぞ覗いてみてください。

大事な用がありまして、バッタバタと(本当に笑えるぐらいバタバタだった)
2泊3日で韓国へ行ってきました。
そこで一句・・・

ソウルさぶっ キムチうまいね 珍道中

*****************

帰ってきたら、日本語版「奇跡のコース」がアマゾンから届いた。
分厚い。

パラパラっと昨日みたら、
慣れ親しんだ田中百合子さんの翻訳とはタッチがかなり違っていて
違和感を感じた。
読み易そうに書かれている。
一見。
そう、一見。

田中さんの訳が「難しそうにみせかけて、本当に難解」な日本語というならば、
大内さんの訳は「さらっと簡単そうにみせかけて、実は深い」といえるか。

田中さんの訳は、字を見ただけでクラクラしそうな「なんじゃこりゃ」的難しそうな匂いがプンプン漂う。そして、読んでみると????が並ぶ。それは「理解できないから理解しようとする」人々の行動を呼び起こすかのように、わざわざそうしてあるとしか思えない。
これが最初は「眠り薬」として超効果的♡なんだけど、ACIMの世界観を理解し始めたら
だんだんと味わい深くココロに入ってくるようになるから不思議だ。
そして、この普段は読まないし使わないであろう独特の日本語にすっかりはまってしまい、得も言われぬ魅力となる。
漬物でいえば、つかりきっているおばあちゃん家のぬかずけというところか。

大内さんの訳。
まだちゃんと読んでないのでなんとも詳しくはいえないのだけれど、
ちょっと見た感じ、どの家庭でも受け入れられそうなきゅうりのQちゃんという感じ。

おばあちゃん家の糠漬けを期待すると、ちょっとあっさりしていてあれって感じなのだろうけど、きっとたくさんの人が楽しめる味なんだろうな。
だから、これはこれで、読み始めたら、たまんなくファンになるんだろうな。

ああ、楽しみ。

************************

12月19日(日)開催 「あの世に聞いたこの世の仕組みinさいたま」満席です!
ReMember project 個人セッション 5枠限定 緊急モニター募集!(残席2)

 今日は、はじめて、お話会を開催しました。

奇跡のコースのエッセンスたっぷりの、濃い内容のお話になりました。

まずは、小さな一歩ですが、
私の大きな一歩でした。

応援してくださっていたみなさま、どうもありがとうございました。

 あ〜。
ついにこの日が来ましたね!
出る出るといわれ続けながらも、何度も翻訳が白紙に戻され、
なかなか日本での出版が実現していなかった「奇蹟のコース」。

今日、メールをチェックしたら、
ナチュラルスピリットからの「うわっほ〜」なメルマガが届いていたんだよ〜!

以下、抜粋でその文言をご紹介。(青文字のコメントは、私の心の声)
*********
★号外★(←号外扱いだ。そりゃそうだ)

時代を越えた世紀の名著、遂に邦訳なる!!


『奇跡のコース 第1巻』
─A COURSE IN MIRACLES vol.1─


お待たせいたしました。
遂に、遂に、あの名著が来月刊行されます!(←ついに、ついに。本当に遂にだよね)


20世紀に記された精神世界の書物の中で、最も重要なものの一冊といわれる
『奇跡のコース』(←そんなんだよ!この一冊は単なる本を超えているのだ)
「愛」とは何か、「ゆるし」とは何か、「癒し」とは何か、「神」とは何か、
本当の「心の安らぎ」とは何かを、説き明かした「人生の書」。
世界中の多くの人たちの人生に、奇跡を起こしてきた世紀の書、遂に刊行です!
(↑私もその中の一人)

一生持ち続けられる人生のバイブルです。
(↑まさに!)

********

現在、
アマゾンで予約受付中
私も速攻、予約しちゃった。



あ〜、楽しみ!

1

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM