友達が、震災の後、
「本当にしたいことを選択する」
ということを選択して、
バリ島に行ってしまった。

日本に残った旦那さんが引っ越しの作業をし
今日、引っ越しをする。

昨日私は朝から手伝いにいって、
もうほとんどいらないから
なんでも好きなものをもっていっていいよ。
というお宅から、
これは欲しいかなどうかなと心にききながら、
欲しいと思うものを
うちに持ち帰ってきた。

はっきりいって、
なくても生きていけるものばかりだ。
必要だからもらったのではない。
「いらないなら捨てる」という言葉に反応して
「捨てるならもらう」と答え
「欲しいかな」と考えてもらってきた。

でも、そんなこと言ったら
「なかったら死ぬ」というものは
そんなにあるだろうか。

生きる為だけのものなら
こんなに荷物は多くないはずだ。

なのに、
家にはいつのまにかどっさりなにかがある。

「捨てる」ということは、大変だ。

生きている中で
「捨てる」
という行為が、一番苦手かもしれない。

それほどまでに、
「捨てる」とは、
良心が痛み、教えに反し、やってはいけないことだと思うし
本当は「いらない」ものを
どれだけ「抱えて」生きているか
人のいらないものを「引き受けて」生きているか
よくわかる。

「ゴミほど捨てにくいものはない」
というのが、私の持論だ。

ゴミを捨てるのには、手間がかかる。

賞味期限が一年ぐらいすぎた瓶なんて、最悪。

中身はみたくないし、
でも中身入りで不燃ごみに放り込むこともできないし、
かといって、中身を燃えるごみで出して
瓶は洗ってからビンの日に出すというのも
すご〜〜〜くハードルが高い。

それでももう賞味期限がすぎまくってるようなものは
「これはさようならだ」と決心もつくが、
「まだ使える」と思うものはこれまた大変だ。
売れそうなものを集めてリサイクルショップに持ち込むのは
お金が欲しいからではない。
「捨てる」という罪悪感から逃れるための
言ってみれば「逃避行動」ともいえる。

捨てることを考えてからものを買おう。
と、引っ越しのたびに思う。(すぐ忘れるが)

ありがとうと心からいえるぐらい使い切り、
そのものの魂とさよならできる
そんなものとの付き合いをしたい。

それはきっと人との付き合いとも共通するだろう。

「便利だから」という理由で買うと
「使える」「使えない」で判断し

「使うと思って買ったけど、1回もつかわなかったわ〜」って
セリフになる。

そして、
そういうものほどゴミに出すには罪悪感があるのである。

「愛してないから」

そのものに対して、まったく愛情がないんだもの。
それが存在したって、しなくったって、
どっちだって、いいんだもの。

そりゃ、ものだって可哀そうだというもんだ。

「愛してるよ」って声をかけたくなるくらい
愛おしいものだけの空間を作ろう。

そう思う。

いらないものを捨てる、、、ということではないはず。

愛しているものだけ手にする
ということ。

それをもっといえば
「あるものはすべて愛しているもの」

ということ。

あ〜〜〜。

もらってきてしまった。
また段ボールいっぱい。

INすれば、OUTするのだ。
よし!!!やるぞ!

もらいうけ
やっと火のつく
我が断舎利。

(字余り)



「捨てるのも、手放すのもいたってカンタン。
 私のところから別のところに行くものは
 私のところでの役わりが終わっただけ。
 次の世界で最高の時間をすごす。
 だから私に執着してもらわなくていい。
 ご縁があって私と出会ってくれてありがとう。
 さあ、堂々とあなたの道をいきなさい。
 ものを手放すとは、存在を認めるということ。
 ものが未来へ進むのを、私が邪魔しないということ。
 感謝とともに、宇宙へと返そう。ありがとう」

Related Entry
Comment
やあ、あなたの話は面白いね
実践を通して伝えられるあなたの言葉には説得力があって、しかもちゃんと真理だ

あなたはガブリエルなのかな
立派なメッセンジャーだね

また会えて嬉しいよ

ーーーーーーーーー

こんにちは

私は黒斎さんのブログを読んで覚醒した人間です
黒斎さんのトークライブのときにあなたと一度お会いして、震災後ホワイトライトプロジェクトでスカイプを通してあなたにワークを伝授してもらいました

マイクが繋がらなくて、あなたの声を聴いていることしか出来なかったけど
覚醒して間もなかった私には、あなたがとても救いになった

最近になって記憶が戻ってきました
自分がルシフェルであることを思い出しました

きっと、あなたとはまた関わることになるんだと思います
  • つばさ
  • 2011/06/23 12:43
つばささん、コメントありがとうございます。
楽しんで読んで下さっている方からこうしてコメントいただくと凄く嬉しいです。黒斎さん&ホワイトライトプロジェクトでご一緒できていたんですね。嬉しいです。どうぞよろしくおねがいします。ちょうど天使のチャネリングをする方から「降りてきているメッセージをそのまま伝えて下さい」と昨日言われたところです。
  • ゆか
  • 2011/06/24 21:41





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/110

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM