実はこのところ、迷子になっていた。

ゲリー・ボーネルによるアカシックレコードからのメッセージを
イブニングレクチャーできいた一週間後、
井上氏による宇宙連合からのメッセージをきき、
その間家では、アセンテッドマスター・ラムサからのメッセージを読み。
(やっと読破)
ふらりと寄った本屋の棚に
「宇宙連合司令官 アシュタールからのメッセージ」
なる本をみつけ
・・・つい、買ってしまい、読んでしまい。。。

さらにさらに、
銀河連邦や宇宙連合、弥勒の世、5次元地球などのキーワードででてくる
濃いブログにはまって、毎日チェックし、

ゲリー・ボーネル・ジャパンのHPに先日アップされた
「光の12日間」についてのゲリーの最新情報を読んだ。

「ゲリーと宇宙連合のラムササンド」。

そんなもん1か月も食べてると、
頭はウニウニになり、
この現実に、
ほとんどいないわけですよ。
私の意識は。。。。

そんな状態でお迎えした平野先生は
「ゆかさん、その頭が重たい疲れた感じは、何?」とズバリ。

バレたか。。。

昔から、はまってしまうと、ほっとかれたら
ずっとそれをやり続けるというオタクな部分があり、
行くところまで行ってしまう。。。癖があるんです。(エヘ)
バランスとかまるでなくなる。。。(エヘ)

整体の個人セッションでは、

「うわ〜、どうしちゃったの〜???
 ゆかちゃん、ぜんぜんグラウディングしてないし、
 あ〜あ、体を忘れてるじゃん」

という、先生も頭をかかえる状態でした。

そうなんです〜〜〜。
戻ってこれなくなってるの〜〜〜。

******

平野先生の手厚いサポートのおかげで、
セッション後には、頭はぼ〜〜〜っとなり
ひたすら疲れて、眠るのみ。という状態になりました。

やっと戻ってこれた〜〜〜。
そんな感じです。

ここの現実の中でしっかり地に足つけて生きることを
すっかり忘れて
興味のままに没頭していたのですが、

それで行き着いたところは、

恐れがぐるりと360度私を囲む
小さな小さな空間でした。
そして、座布団一枚ぐらいのその空間から
もう一歩も動くことができなくなっていた。
そんなイメージがやってきました。

そう。

「光とつながり、葛藤を手放せば、3次元的な世界の破壊と崩壊に巻き込まれることはない。」

そう発信されるメッセージをきくたびに、

私は光の子。
神なる存在。

そう思おう、思おうとしたって、
心は知っているのだ。

まだまだ葛藤まみれで、子供を怒り、批判し、
不平不満をもっている自分自身を。

ということは、あぶないということ。
という結論を導き出した自我の意識に
ロックオンされてしまっていたのだ。

そして私の中にある恐れの種が芽をだし、
ぐんぐん育って、もう手に負えないくらいな大きさまで育ってしまい、
絡まれまくってしまっていた。

******
平野先生がこういわれた

「子宮がちゃんと地球とつながっているから、それを信頼して。
 今は産後のような状態なんだよ。
 産後に、細かい文字を読んだり、目を酷使すると、バランスをくずして
 ひどいと精神分裂をおこしたりするの知ってる?
 それに近い状態になってたよ。
 だけど、大丈夫。
 今はまた子宮とつながって、ピンクの光がぱ〜っとでてきたから、
 もう大丈夫だよ。」

そういうことなんだ。

子宮で生きていけばいいんだ。

そう、大変な思いをして守った子宮だからね。
今こそ、子宮感覚を大切に、
そっちに主導権をうつして、
頭や目で受け取る情報は、面白いもの、安心するものだけもらっていこう。

そう思えるようになったら、
なんだか、気が楽になった。

そしたら、ここ1か月、パタリと繋がれなくなっていた内奥と
またつながった感じ。

恐れのガードは強力でした。

さあ、意識をここにしっかりもどしつつ、
普通に生きていこうと思います。

あ〜、いい経験。

注)宇宙連合の話やラムサやゲリーに触れたからといって
  誰しも恐れが膨れ上がるわけではありません。
  あくまで個人的反応です。

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/126

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM