あ〜あ。
変な夢、みちゃったよ。

今日、ついついウトウトしたときにみた夢のこと。

*******

私は、会いたい人たちのところへ、自転車で向かっている。
自転車をかっとばすが、道は急な上りの坂道に差し掛かる。
山だ。

その坂道ときたら、ほぼ90度のロッククライミング状態。

で、なぜか、夢の中の私は
自転車にひもを括り付け、ひもをしっかり握りながら
自転車を肩に担いで、
ロッククライミングのようにその坂道を登っていく。

坂道にはかなり太目の水道管のようなパイプが
上の方から繋がって降りてきていて
それが登るときに結構きになる。

だから、私は「神」に聞く。

「なんでこんなパイプがあるの?」

すると「神」は答えた。

「あのね、上についてからちゃんと使えないとか、文句でるといけないから
 これは通しておくんだよ」

私は意味があまりよくわからないけど
必死で上り続け、
なんとか自転車と一緒に上の平な土地までたどりつく。

そして会いたかった友人を訪ねた。

すると友人はかなり調子が悪そうだ。

その原因は、アレである。
とわかっている。
だから、嫌だろうけど、もうアレを手放す時だと説得し
そのアレをリサイクルショップのようなところに所属するバイヤーに売る。

そのぶつは2点あり、
最初のは、アニメかなにかの主題歌を作詞したオリジナル歌詞の作品権利。

そしてメインは、
なんと大きなクリスタル。

それは魔の力をもった強力なパワーの持ち主で、
すごい影響力を感じる逸品だった。

ひらべったくて、上方部が▲になり下が■になったベース形で
「クフ王」から歴代王の手にわたってきた
パワフルなものだった。

その強力な存在の力に、
私は手にするのも辞退しようとするが、
クリスタルの方が私を選んで飛んできてしまった。

だから仕方がなく
石を抱きしめ、「よしよし、ありがとう。よくきてくれたね」とコトバをかけ
愛してもらいたがっているそのクリスタルを
丁寧に友達のように扱いながら
売買の現場までもっていく。

そして欲しいという人に
結構惜しみながらも売った。

***********

かなり印象的な夢。

私の中に、手放していいクリスタル(パワーの象徴)があるのだろうか・。。。。

それとも以前と同じパターンの
「あなたはそれをしたんですよ」
と知らせている夢なんだろうか・


久々にインパクト大な夢だった。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/131

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM