昔、文章を書くという仕事をしていたこともあって、
パソコンは、ブラインドタッチだ。

それは、ピアニストがピアノをチャリラリラ〜ンと何気なくはじくように、
画家がさらさらっとデッサンするように、
または、マラソン選手が朝飯前に5キロ軽く流すように

私にとってはどうってことない動きだ。

だから、思考を介さない無意識的な状態を作りやすいのだろうと
予想している。

私のチャネリングというのだろうか、
ある存在との対話というのだろうか、

自分が考えるにしてはあまりのスピードでやってくる
その言葉を
書き留めるだけ書き留めて、
できた文章というのは、
後で読み返すと、
本当に自分が書いたんだろうか?
と思う、表現や発見があったりする。

「自動書記」

という言葉があるが、これがそれだろうか。。。

そんな風に思う対話らしき対話が7月ごろ一度あって、
それっきり、意図的にその状態を作り出そうとは思っていなかった。

先日、あるライターさんとお話していたら
彼がこういった。

「自分の理想は、自動書記でライティングができることなんです」

そうなんだ。

その言葉をきいて、自分の中で起こっていることは
なんか「自動書記もどき」の偶然おこった「気のせい」
として終わらせようとしていたけれど、

もしかしてもしかすると、結構貴重なこと!?

気のせいにしてスルーするのは・・・

どうしたものか。
と思った。

さらに、エンジェルメッセージをチャネリングにて伝えてくれる
友人のモニターセッションを7月にうけた。

その際にも
「あなたのところに来ているメッセージは
あなたのところで留めないで、伝えてください」

という言葉をいただいた。

セッションでは、受け取ったメッセージは
伝える場面では伝えてきたが、

もしかしてこの自動書記もそれか?
と思い、

4日前から、今度はその状態をやってみようと思って
時間をとって
パソコンに向かってみた。

そしたら、スタートして4時間で(字数計算で)原稿用紙22枚分の対話になった。

頭使わないで、書記よろしく指を動かすだけだから、すごく楽〜〜。

といわけで、以来、時間をみつけてやってみている。

その中でたくさんの気づきを得た。
立派なセッションだな〜と思う、解放や見方の転換もあった。

誰かのためにというのではない。
ただ、自分の中だけのこと。

だけれど、すごく大きな変化が今、私の中に起こっています。

このところブログの更新をしていなかったのは、
そちらをやっていたからです。

もう少しやっていこうと思っています。

Comment
こんにちは。
どんどん、手放しているようでね。
自己セッションを自動書記でしてしまうなんて
すごすぎるね。
次回、お会いできる日が待ち遠しいね。
  • ゆう子
  • 2011/09/07 18:29
ゆう子さん、コメントありがとうございます。
そうなんです。なんだかおもしろい展開です。
  • ゆか
  • 2011/09/07 23:34





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/134

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM