今を生きる仲間のみなさん、
共にメッセージを受け取ってください。

************

光へと向かう者たちよ。

今ここに光は溢れ、あなたを包み込んでいる。
そのことに気づいたかね?

はい。嬉しいです。

いつもあったのだよ。
あなたの中には、いつも光が溢れている。

自分がどこか違うところで一生懸命やってきたと思っているのかもしれないが、
そうではない。

あなたはいつだって、光の中で過ごしていた。
ただそのことをどうしても認めたくないというのだから、
ムリには押し付けられなかっただけだ。

あなたは、心を開いて、受け入れることにした。

それがどういうことだかわかるかね?

苦しんでいるあなたなど、いないということだ。

そんな自分のイメージはもう消えてなくなった。

あなたは光に包まれて、穏やかに守られている。

その姿を本当に見るとき、
確かにそれはそうなのだ。

楽しいね。
楽しいだろう。

私と一緒に、散歩しようか。
私と一緒に歌を歌おうか、
私と一緒に空を眺め、
子供の眼をみて、やわらかい肌に触れよう。

あなたが純粋にそれを感じて、
感覚としてわたしに伝えてくれるのが私にはこの上なく心地よいのだ。
あなたが触れてくれるから私はそのことを感覚的に知ることができる。

私がやりたかったことは、そうして触れてみることなのだ。
世界に。
愛が形となった世界に。

エネルギーが満ち溢れているリアルな瞬間に。

恐れに囲まれた世界をあなたは知っているのかもしれない。

恐れについて、死について、生き残ることについて、
正しいことについて、勝つことについて
あなたはたくさんのエネルギーを使ってきたかもしれない。

それもいい。

しかしそれは、生きる喜び、命に触れる喜びを味わうという目的のために
それを際立たせるために、あえて用意したものだ。

死や恐怖に支配されるためではない。

生きるということを楽しみつくすためなのだ。

あなたは、命だ。
あなたは命に力を与え、
生きるということに、意識をむけ、
生きているということに、喜び満たされている。

そのことを、共に祝おう。

Comment
すてきなメッセージありがとうございます。
  • Pika
  • 2011/09/12 18:04





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/135

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM