*自動書記による個人向けメッセージのいきさつはこちら

irisさん(女性)からは、質問はなしで、おまかせでのご依頼です。

irisさんへのメッセージをお願いします。

*******

irisさん。

あなたが私からの言葉を求めて待っている姿をいつでも私は知っていますよ。
そして私はあなたのうちから、語りかけています。

あなたが、一人ぼっちの猫のように、
途方に暮れて、ただその場で世界のど真ん中に放りだされたような
どうしていいのかわからないとった様子で観察しているのを知っていますよ。

どこへ進めばいいのか、
その一歩がどっちなのか、
あなたは必死で私からの答えを待っていますね。

その声は聞こえましたか?
聞こえたような気がしたけど、気のせいかもと信じきれませんでしたか?

そうしてまたじっとその場にいることを選んだのですか?

愛しい、かわいい娘よ。
私はあなたを抱き上げて、一緒に、片時もはなれず、側で見守っているのですよ。
そうして、あなたが、自分から「こっちに行きたいの!」と声をあげて
元気に走り出すのを今か今かと楽しみに待っているのです。

→続きを読む


*******
(irisさんからのご感想)

昨日の夜に 頂いたメッセージを読みました。

素晴らしい体験をさせてもらったこと
心から 感謝の気持ちでいっぱいです。

最初の数行で 涙があふれてしまい、しばらく 止まりませんでした。

その通り、ありのままでした。 

私は 「待って」 いました。

どこかに 確証が得られるような
そんな しるしのようなものを 待っていました。

ここ 数か月、
自分が からっぽになってしまったような気分を味わっていました。

なにをしたらいいのか・・・
なにもしなくても いいのではないだろうか・・

今で充分なのではないのか?
でも それでも どこかに不満のようなもの
いや 違う こうじゃない という気持ちがありました。

今年10歳になる娘がいます。
とてもかわいいと 一生懸命大事に育て、そして4歳になる直前に 弟が生まれました。

いいお母さんになる いい妻になる
誰から見ても 文句を言われないような
そんな 隙の無い 「ちゃんとした」 状態を目指して 頑張っていたら、
途中で バランスを崩して 体調を崩しました。

上の娘が 可愛く思えない時期があり、
そんな自分が恐ろしく 情けなく
申し訳なくて ありのままの娘を愛したいのに目も合わせられない、
どうしていいかわからない

体調が戻るにつれ そんな 状況は抜け出していったものの、
どこか ありのままの娘を愛していない と自分を責めるような
そんなことが何年も続いていました。

この状況をどうにかしなければ 私はこの子の いいところを伸ばしたいのに
ダメにしてしまう

もがいて フラワーエッセンスなど 
そういったものに 助けられながら 過ごしてきました。

そして 2年半前くらいから 自分自身と向き合うことを始めました。

自分への信頼感を 取り戻すにつれて
子どもへの信頼感がでてきました。

自分のことを ありのままでよいのだと 思えるにつれて
子どものことも ああ この子はこの子のままで素晴らしいのだと
思えるようになりました。

いろんな方のサポートを受けて、
いろんな 自分が抱え込んでいた こだわりや観念を発見していきました。

そして とてもとても楽になりました。
楽になっていく過程は 見たくないこともあって苦しさを感じることもあったけど
概ね とても楽しいものでした。

そうして ふと気が付いたら 
なんだか からっぽになったような気分になっていました。

自分の中心はとてもすっきりしている。
それなのに なんだか むなしさも感じる。

子どもたちと自分の関係をなんとかしよう と
それが 前へ進む原動力にもなっていたのかな?と思います。

それが なくなっていったとき、なんだか
自分のやりたいと思っていたことも 本当にやりたいのか
わからなくなってしまいました。

やりたいと思っていたことは、フラワーエッセンスを伝えて
エッセンスを選ぶお手伝いをする仕事をしようと 思っていたのです。

「私がやってもいいのか」

その 許可であったり 確証だったりするものを 探している 待っている気持ちが
自分にあることに 気が付いていました。

そして 私がそれをしたいのならば、もちろん やってもいいのだ ということも
いろんなメッセージから 気がついてもいました。

なのに・・・です^^;

それでも 動けない私がいました。

動いたら また産後のように 体調を崩して
またしんどい思いをするのではないか という怖さ

でもそれは きっと 体のいい隠れ蓑のようなもので、
そこに 避難して 安全なような気持ちになっていたのかもしれません。
(そのことも メッセージに書いてありました^^)

メッセージにあった
「今はすっかり成長した元気な姿ですよ。」 という言葉を読んで、
ああ そうだ 私は知っていた そうだよね って 思いました。

そして その後に書いてあったように
別にやらなくてもいい状況にあるからなのか、
ずるずると 後伸ばしにしている自分がいました。

昨日 頂いたメッセージを読み返して、
そうだ、自分はやらないわけにはいかないのだ
と 思いました。

それは 使命感とか そういうものではなく、
ただ 自分のために そこを無視して通りすぎるわけにはいかないんだ
と 思いました。

深く深く癒されるような とても素晴らしい体験でした。
ありがとうございます。

*****

こちらこそ、ありがとうございました!


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/142

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM