今、大好きなゲリー・ボーネルの自伝に没頭中。
三部作の最後の作品となる大作がついに発売されました。

今回も超ディープな精神世界の真実が刻まれている上に、スリリングなストーリー展開で
これは本当に事実を描いた自伝なのかとびっくりする内容になっています。
本当にすごく勉強になるし、何よりも面白い!

と書いておきながら、今日の話はそれではなく。。。
(今半分よんでます。読み終わったら、また話題にしますので)

昨晩、ゲリーの世界を楽しんでいるうちにその内容から連想していたことがらで
「ふと」思い立って
「ライトボディの目覚め」という本を開きたくなりました。

そこに書いてあった言葉が、すごく新鮮で、強力に使えるツールだということを
再認識したので、ご紹介します。

「スピリチュアルな清浄さを保つプログラム」

●エンティティの解放****

「大天使ミカエル、どうか光のトンネルをここへつないでください。
アリエル、アズラエル。そしてアリ・キリ、どうか力を貸してください。」
「私は、私自身あるいは私の体の中に存在するだれか、または私の遺伝的係累が、意識的であれ無意識的であれ、アストラル界のエンティティ、残留思念、悪魔、闇の勢力、エレメンタル、異星人、亡霊などと取り交わした、いかなる合意あるいは契約もすべて破棄します。どうかトンネルのなかへ入ってください。あなたを故郷へ送り出してあげます。」
「抵抗しているエンティティたちよ、光のなかへ行きなさい!」
(すっきり軽くなったのを感じたら)
大天使ミカエルにたのんで、トンネルを五次元に戻してもらいましょう。

************

ゲリーの本を読んでいたら、これって実はすごく大切な宣言なのだと思いました。

やってみたら、なんだか軽くなったような気になったのは、気のせいか。。。

大切な点は、怖がっている気持ちから行うのではなく、
自分自身の本来の姿でいるために、それ以外のものは、
あるべき場所へもどってもらうという意図で行うということだと思います。

私たちのフィールドは、
しばしばアストラル界からのエンティティ(霊的存在)に侵入されるものです。
意識的にせよそうでないにせよ、私たちが恐怖や必要にかられた瞬間に
同意して受け入れてしまうのです。


これらのエンティティを光のなかへと解き放つことは常に有益です。
それによって彼らは次の進化の段階へと移れるし、
あなた自身はそれらの影響から自由になれるからです。

と説明されています。

詳しく知りたい方は「ライトボディの目覚め」という本をめくってみてください。
他にもスピリチュアルなお掃除方法やつかえるツールがわんさかのっていますので、
私は気に入っています。

言葉でいってみるのは、タダですからね。









Related Entry
Comment
あ、出たんだね!
私も読もう!!
ゆかさんのおかげでゲリー・ボーネルの存在を知ったよ。
ありがとう、とてもためになってます\(○^ω^○)/
二部の続きを期待してたんだけど、
ストーリーは意外な方向へ。
ゲリーだからこその視点から
真理について書かれている
まじですごい超大作だよ。
面白いぞ〜〜〜。
  • ゆか
  • 2010/10/14 14:07





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM