ちょっと前に娘たちがB型インフルエンザになって、
39度台を数日間、
ぐったりして動かない娘をみて
「大丈夫だろうか?」とハラハラした。

子育てを経験している方なら、きっとみんな同じ思いだろう。

お医者さんに行っても、
1時間まって診察3分。
お薬がでて、はい、おわり。

母はそれで安心を得られるだろうか。

自分の子供について、身体の状態について、
大丈夫なのか、大丈夫じゃないのか、判断がつかない。

ましてうちは、極力必要のない薬は使わないようにしているので、
ホメオパシーのレメディを使いつつ、
子供の治ろうとする生命力頼みだ。

でも、先日のB型インフルの時はさすがに5日間高熱でぐったりした娘の姿に
「もしや脱水とかになってたらどうしよう」と不安になって、
再び小児科を受診した。

「肺炎も脱水もおこしてないですし、
 まあ、お薬も飲んでもらっているので、このまま様子みましょう」

とお医者さん。

お薬は咳止め鼻水止めの総合風邪薬だったから、
もらったけれど飲ませてなかった私は、
なぜだかちょっとばつが悪い。

自己判断でいうことを聞いていないという罪悪感か

いやしかし、B型インフルエンザにもともと風邪薬は関係ないし、
鼻水も咳もでたいものは出した方がいいし、
身体がやっていることだから、止めない方がいい。
と思っているから、自分としては納得済みなんだけど。

「なんかあったらどうするの!?」と
言われてもいないセリフが、言われそうで、嫌な空想ばかりが始まる。

いいと思っているやり方を「本当に大丈夫か!?」とささやくもう一人の私の声があり、
そういう声が内にあると、
ちゃんと現実にもその通りにささやいてくれる人物が現れたりするのだから、
見事に現実化していて、世界は本当にうまくできている。

赤色にした箇所が、私が作り上げた幻想だ。
そんなものはない。
のに、あたかもあるかのように作り上げた恐れであり、
それを自分でこしらえておいて、またそこに戦いを挑んでいる自分がいる。

自分を正当化しようとして頑張るもう一人の自分は
そのことを否定する自分をつくってこそ、出現できる存在だ。

*******

実は娘がインフルだとわかったとき、
自分の内面でガイドさんに聞いてみた。
「大丈夫かな?」

すると「大丈夫。何も問題ない。すべて順調」という返事。
そして手厚くサポートが入っているような気もした。

なのに、時間がたってもよくならないと
その内面で受け取ったはずの言葉にも疑いが生じはじめる。

あれは気のせいだったかも。
やっぱり大丈夫じゃないかも。

こうして上の赤色の言葉が力を持ち始める。

*******

身体の状態を把握するための、一つの方法として
野口整体にこのようなものがあります。

脈と呼吸の関係を観察して

一息四脈なら心配ない。
一息二脈なら異常。


また、汗がでて平熱以下になってから1日は休養をさせる。

そうすると体は発熱前よりもっとすっきりとして
整った状態になるそうです。


ご参考までに。

********

数か月前、やけどをしてしまった長女といった皮膚科でのこと。
ある素敵な女医さんが私にこういった。

「お母さんの直感で、なにか感じたら早めにきてください」

そんなセリフをさらりというお医者さんがいることに
なんだかとっても嬉しくなったのを覚えている。

西洋医学がいいのか、代替医療がいいのか
どちらかが正解でどちらかが間違っているのではない。

母親としての正解を追い求めて頑張っていた私のなかの部分に
今ならやさしく声をかけられそうだ。



頭で考えないで。
あなたのやることは正解をだすことじゃないよね。

あなたは、目の前の命を愛したい、
ただそれだけだよね。

目の前の命を感じて、直感を大切にする。
まずはそのことに誠実でいよう。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/181

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM