2013年もどうぞよろしくおねがいします。


昨年の冬至からとても重要な日々が始まっています。
ハートの願いが現実化されていきます。

とゲリー・ボーネルが話しているのを知って、

私の願いとはなんなのだろうか。。。と
今一度問うてみたりしています。

そしてこのところ、日常の中にある場面場面がいとおしく
とても大切に感じられるように
(やっと)なってきていることに気が付いています。

ずっと抱えていたテーマは「支配とコントロール」でした。

ただ、今日命あるこの時間を、そうあの子供のころのように
嬉しくドキドキ、未知なるものとの出会いの瞬間として
楽しめる自分であることが
どうしてできないのだろうか・・・

と。

そんなことを思う自分は、過去の自分だから
「今」
と切り離す。

「今」は

ただ「今」産まれたばかりなのだから。

「今あること」と「継続の強さ」

この一見相反することが同時に存在できないように思えていたけれど

レーネン博士は「デュアリティの時代」と表現していました。

デュアリティとは一見相反する価値観に思えることが同時に存在することを
許すこと。

男性性と女性性
ワンネスであり個

今あることと継続の力も
水瓶座の時代の特徴であるデュアリティなのかな

年末に大掃除をして、ブックオフに売ろうかなと思ったけど
結局読み返し始めて、やっぱりとても気づきをもらえたレーネン博士の本
「超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし」

超スピリチュアル次元 ドリームタイムからのさとし

ありがとう。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/202

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM