とっても面白いことを友達が教えてくれた。

現在、友人との交換セッションを始めたのだけれど、その1回目で伝授してくれた内容。

「じゃあ、私が正座で座るから、私を思いっきり押さえつけてね。私が立てたら、5万円払うんだよ。そのつもりで思い切り遠慮なく押さえつけてね」


そんなリクエストから始まって、私も???がいっぱいだったのだけれど、
言われた通りにやってみた。

「じゃあ、まず力で対抗して立とうとするね」
と言って、彼女はなんとか立ち上がろうともがく。
私も必死だ。

で、かろうじて抑え込み、なんとか勝った!

「じゃあ、もう一回。今度はもし私が立ったら10万円払ってね。
私はさっきとは違うやり方で立つね」

で、同じことをやってみたら・・・

あれ?なんか途中から力が入らない。あれ、あれ。と思っている間に彼女はすっと何事もないような顔をして立ち上がったんです。

「え~~~!?なんで?」

*********

さて、ここで教えてくれたのは「受容性のワーク」。

よく聞くかもしれないけれど、「ブロック解除」というフレーズ。
思考の中にある思い込みもブロックだし、
受け入れられない存在を批判している心もブロックだし、
過去のトラウマもブロックだ。

そんなブロック(お荷物)を解除(手放)して、すっきり楽に生きたいというのが
みなの願いだと思うのですが、
なかなかそのブロックに自分では気がつけない、気が付いていてもどうやって手放していいのかがわからない。というのが私の経験してきたところです。

そして今回教わったのは、それを手放していく、一つのやり方でした。

心のことも、過去の記憶も、思考のゆがみも、
ブロックは肉体ときっても切り離せない関係という前提です。

整体でもそうですが、本当に肉体は正直で、
それこそ本人は気が付かないままでいることでも、
肉体は全部語ってくれているんですよね。

で、今回はこのブロックを「無意識的筋肉の収縮」と呼び、
それを意識上に挙げていく作業をすることによって、
解除していく方法なんです。

**************

先ほどの押えつける実験では何をしていたかというと、
力に対して、力で対抗すると、強いものが勝つんです。
だけどとてもエネルギーを使いますよね。

ところが、ただ「立つ」という行為に使うのに必要な最少の動き、
「ただ立つ」という動きだけをすれば、相手は力をいれることができなくなって
結果、すっと立ててしまう。(私も交代でやってみたら、本当にそうだった!)

そのほかの無意識的緊張やこわばりや力み=筋肉がオンの状態を感じていき
みつけたらそこに光をあてて「オフ」とゆるめていく。

さあ、そして本当にそのことをすることに必要な筋肉だけをオンにして
あとはオフにできれば、
かなり体が柔軟性をもった状態になり、
また状況もスムーズにす〜っとうまくいくんだそうです。

無意識的に常にオンになってしまっている筋肉、
反応して余計にオンにしている状態、
これを意識して「オフ」にしてみる。

うん、面白い!
上にわかりやすい!

内面で起こっていることが、外の世界にでている。
という宇宙の法則も基本にあって。

**********

彼女が教えてくれたのは「カムイアーツ」という手法の入口なんだそうです。


**********

今の車は15年も頑張ってくれた大好きな車。
だけど、この決算期に買い替えることになりました。

そして、
この方法をひたすら試しながら、昨日人生初の新車を買いました。
営業の人と向かい合いながら、私の身体に起こっているいらない「オン」を
ずっと「オフ」にしつづけて、
ただ座って、話をするということだけを目指しました。

そしたらすごくがんばってくれて、とてもスムーズにいい買い物ができました。

日本の武道にも通じることだろうと思います。
体って奥が深い。

40年以上もこの肉体といっしょにいながら、
まったく使い方を理解していないことに、
驚くしかありません。

もっと深く知っていきたいな。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/204

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM