ただいま〜。帰ってきました。2キロ痩せて。
うふふ。
すっごく身体が軽いです。

そして、今まで食べていたほどんどが、

「ひま」だから、か
「ストレス食い」か
「残すのもったいない」

なのかを痛感した。
私たち人間というものは、自然の気の満ちた空間で動き、働き、
そして身体に向き合いながら
最小限のモノとつつましい暮らしをすれば、
食べ物は少しでも満足し健やかに存在できる
とっても燃費の良い存在なんだということを
今頃初めて、経験として知った。

日々の暮らしに、余計な物が、多すぎる。

さて、シンプルな道場での5日間をご報告しよう。
そうそう、お世話になったのは、小田原のそば、根府川にあるヨガ断食道場

すごくいいキャラをした(本当に大好きになってしまった味ワイ深い53歳)道場長と
関西弁で頼れる面白いおじさんのお二人がメインとなって、
瞑想から経絡体操から自然のなかのトレッキングの案内まで
一手に引き受けてくれて、受け入れてくれるのがたまらなくうれしい。
だからリピーター率も高そうで、ほとんどが女性の一人参加でした。
私が行った日は3連休も入っているとあって、10名ほどの参加者がいて
女性みんなでワイワイと楽しくやりました。
男性もいらっしゃるそうなので、男性の方で興味湧いた方も遠慮なく大丈夫そうですよ。

道場の一日はまず、朝6時から瞑想。
7時から経絡体操といって、足裏のツボから、リンパの流れにそってマッサージして
全身をくまなく循環させていきます。
これ、朝からたっぷり2時間もやるんだよ。
朝から自分の身体にこんなにかまってあげるなんてないよな〜。

そして9時にやっと朝ご飯。

といっても、断食なので
でるのは手作りの「特製ジュース」1杯と栄養補助サプリが5粒。
ジュースは人参とリンゴに手作り酵素をまぜたものでした。

その後、本日のトレッキングをみんなの希望で決めて、
11時に出発!
ウォーキングは棒を2本もつノルディックスタイルでやるので
負担もかるく、意外にどんどん歩けます。

1日目は「真鶴半島 真鶴原生林と絶景の海」。
実ははまってた田口ランディさんのエッセイに
「真鶴半島に原生林があって、たまに行く。」というくだりがあり、
行ってみたいな〜と思っていた矢先のこのコース!
やった〜!願いがかなったリ〜〜。と張り切ってでかけたのでした。



お昼は、酵素玄米のおにぎり1個(100g)と生姜湯



酵素玄米、めちゃくちゃおいしい!
きている女子にも大人気。
うちでも作りたいな〜と思うが、
たしか講習会にでてから大きな炊飯器から買う長岡式酵素玄米は
お金も時間も大変そうなイメージでした。
だけど今回調べてみたら、家の炊飯器でもできるっていうレシピがクックパッドにもある。
よし、うちでもやってみようじゃないか。(と今意気込んでいる)

さてほぼ6キロのウォーキングコースを終えたら、そのまま湯河原の温泉へ。
源泉かけ流しの贅沢なお風呂に1時間たっぷりはいって、
半身浴を楽しみました。

そうしたらまた田口ランディさんなのですが、
「からだのひみつ」っていう野口整体の寺門先生との対談本をちょうど読んでいて
そこに、腰湯するなら上半身を冷やさないようにタオルなどをかけて、
口に水分を少し含んですると汗がびっくりするほどでる。っていう記述が。
さっそく試してみたら、すごいダラダラ汗がでて、確かに。いい感じだ。

からだのひみつ

ちなみにこの本、めっちゃ面白いよ。
野口整体からみた女性の身体のことや、今の男の子たちのこと
ランディさんの目線と掛け合わせて、身体や生き方ってことが
ググッと迫りつつ面白く読ませてくれる、一押し。

で、温泉の後は合宿所で晩御飯。
この日は豪華でお味噌汁付。あ〜嬉しい。



手作り野菜に手作りドレッシング。
私も早速手作りドレッシングを家で作りました。
やはり、手作りはいいね。添加物なくて。飽きないし。おいしいよ。

この後にヨガやって瞑想やったら夜9時半。
バタンキューでねるだけだから、お腹すいてても別にいいもんね。

翌日は、またしても願い叶ったり。
また滝に打たれたいという内なる願いが見事実現したのでした。



すっごい水が冷たくて、氷水のよう。
10秒も無理って感じですが、岩肌に寄れば空洞があって
ちょっとずるしてそこでなんとか数十秒・・・。
虹が応援してくれました。



翌日は、山登りガンガンしたいっていう意見のもと、
十国峠へ徒歩で向かいました。
登りはきつかったけど頂上ついたら、壮大な景色は圧巻です。
(実際は360度見渡せるんだよ。富士山も見えるよ。この日は
ちょっと曇っててかすかにみえてた。写真じゃ全然つたわらないね)



そして帰宅する日の朝は、私の希望で日の出を見に海岸へ。
実は人生初の日の出なのでした。
私の中であの名曲が流れてきて、もうそれを歌いながら
涙ながれるくらい感動したのです。



♪この偉大な自然の中で病と向かい合えば
 神様について 
 人について
 考えるものですね。

 やはり僕たちの国は残念だけどなにか
 大切なところで道を間違えたようですね

 *
 空を落下する滝のように
 僕はよどみない命を生きたい
 *
 僕は風に向かって立つライオンでありたい♪

(↓何度聴いてもいいから、ぜひ聴いて〜)

さだまさし「風に立つライオン」

あ〜〜〜。

人間はどんな生き方をするのも自由だ。
私という今の存在は、間違いなく自分自身がこれまでの積み重ねの中で選んだもの集大成だ。
そしてその選択には、やはり大きく間違っていたことがある。
大切なところで、道を間違えていたことを認めなければならない。
もう人のせいにして時間だけが過ぎていくのを見逃すわけにはいかない。

私がこれからこの先に刻む時を
どうか間違えないで、よどみなく命を輝かせる道をえらべますように
どうぞ、ホーリースピリット、助けてください。

*******

女は骨盤の開閉がスムーズにいくように、身体を整えること。
足をもっとたくさんつかって、動くようにすること。
頭をもっと軽くすること。

そして、シンプルに。
シンプルに、生きること。

私、まだまだ降ろす荷物がたくさんありそうだ。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.remember-project.net/trackback/236

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM