昨日は、作家の朴慶南(パクキョンナム)さんの講演会に行ってきました。

キョンナムさんの熱いお話は、すごくパワフルで、
笑いと感動、そして涙もながれ、
さらに朝鮮半島と日本の戦争の歴史の裏側や
今起こっている韓国と北朝鮮の情勢をキョンナムさんの視点で話してくれました。

そんな中、講演会ではいつも話されるというあるエピソードを
終了時間迫る中、2倍速回転で話してくれました。

キョンナムさんのお友達で、養護学校の先生の実際にあったエピソードです。
先生はくまちゃんのアップリケがついたピンクのスカートにフリルのブラウスをきるような
永遠の乙女チックなおばちゃん。
「あのね〜。そうなの〜」っと高い声でゆっくりと話す、ほんわかした先生なんだそうです。

さて、先生。
本を出版したことから講演会を行うことになり、地方から東京にでてきました。
山手線のホームで「混雑した電車に乗れるかな〜」なんて思っていたら、
目の前についた電車は、なぜか、すっぽり空いていたんだそうです。
それもそのはず。
そこでみた光景は「ヤクザさんが少年を殴っている」
まさにその最中だったそうです。車中の方はみんな見て見ぬふり。
そんな車両に乗り込んだ先生。

はい。ここで問題です。

Q、先生はどうしたでしょうか?
(チッチッチッチ)

では、答えがきまらないままでいいので、次の質問。

Q,では、あなただったら、どうします?

(チッチッチッチ)

::::::::::::

さあ、先生どうしたかといいますと
ヤクザさん(彼女はそう呼ぶ)のところにいって、
ギューっと彼を抱きしめ、背中をトントンしながら
「大丈夫だよ」って声をかけたんだそうです。

ヤクザ「なんだ、お前は!」
先生「だって、辛そうに見えたから」

その言葉に、ヤクザさんは号泣。

その後、二人並んで電車のシートに座って交わした会話です。

ヤ「あんた、どうして東京にきたんだ?」
先「講演会で」
ヤ「わざわざ講演ききにきたんか」
先「うううん、私が講演するんです」
ヤ「えっ、あんたが?」

そこで先生、自分の本を取り出してヤクザさんに渡しました。
ヤクザさんは、著者紹介の写真をみて「本当だ」とやっと納得。
(そのくらい、ふわふわしていて講演とかしそうにない先生なんだって)

ヤ「俺、講演聞きにいきたいけど、俺が行くとカタギの人に迷惑かけるから、行かない。
その代りこの本今俺に売ってくれ」
先「ヤクザさんにあげる。せっかくお友達になったから」

田舎に帰った先生に、すぐにヤクザさんから手紙が届いたそうです。
そして二人の文通がはじまりました。

ヤクザさんは、先生の本を組の若いもんに買わせて、毎朝「読書会」を行いだしたんだそうです。その読書会、ヤクザさんが本を読んで、若い者が聞いているというスタイルらしい。

そしてヤクザさんの目は変わったそうです。
人を殴らないって先生と約束までしちゃったそうです。

*******

キョンナムさんは先生に聞きました。
「どうして、電車で殴っているヤクザさんをみたとき、抱きしめたの?」

すると先生
「だってね、養護学校の生徒さんでね、いやなことやわかってもらえないことがあったとき
暴れだす子がいてね。そんな時はギューって抱きしめてあげると、落ち着くの。それを思い出したから、必死だったし何も考えないで、ヤクザさんを抱きしめたの〜」

このエピソードには続きがあって、
お二人の文通はものすごい展開をみせていきます。

このエピソードは、上にのせた
キョンナムさんの本でも紹介されています。

************************
************************

誰もが心に「知られたくない自分」の一部を抱えていて、
それは誰にも見られちゃいけないから、だからばれないようにかくそうとする。
本当は、泣いているのに、強くみせなくちゃなんないから威張る。怒る。
守ってほしいのに、弱さを見られたくないから、攻撃する。

だから「攻撃は、助けてほしいという叫び」なんです。
これは奇跡のコースが言い続けている内容でもあります。

************************
「私は、あなたが強いってことを知っていますよ。
 私はあなたが弱いってことも知っていますよ。
 私はあなたが内面に、強い部分と弱い部分の両方をもっていることを知っていますよ。
 そして私はあなたがそれ以上の存在であることも、知っていますよ」

 ↑
先日のNLPのセミナーでやった、ワーク。

たったこれだけのことなのに、誰かに言ってもらえたら、すごくホッとした。
「ああ、わかってもらえた」って奥の方で何かがゆるんでね。涙がでたよ。

「強い」の個所には、人に見られたい自分の側面。
「弱い」の個所には、人に見られたくない自分の側面。をあてはめます。

************************

12月19日(日)開催 「あの世に聞いたこの世の仕組みinさいたま」満席です!
ReMember project 個人セッション 5枠限定 緊急モニター募集!(残席2)










Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM