つくづく、書くという行為、紙の上のコトバって、
ほんと制限されたツールだ・・・と語っていた私なのですが、
そんな私に「そうではないよ」と教えてくれる貴重な体験も実は同時に訪れていたことに
気づきました。気づきをくれたのは、二つの詩です。

この2日間、詩の持つパワーを実感しています。
みなさまにもご紹介します。

まず一発目はこちら。
 昨日私がいたのは、NLPマスタープラクティショナー最終日のセミナー会場、
その場で卒業生に贈る言葉に変えて
日本コミュニケーショントレーナー協会の椎名トレーナーが紹介してくれた詩です。

*******
(ニューヨーク大学 リハビリテーション研究所の壁に患者が残した詩)

大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと、神に求めたのに、
謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大な事が出来るように、健康を求めたのに、
より良き事ができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして、富を求めたのに、
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと失敗を授かった。

人生を享楽しようと、あらゆるものを求めたのに、
あらゆるものを喜べるようにと、生命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
心の中のいい表せないものは、すべて叶えられた。

私はあらゆる人の中で、最も豊に祝福されたのだ。

*********
この詩をいただいたその後に、
NLPマスタープラクでご一緒したご職業・道化師さんが感謝と共に、
メーリングリストに紹介してくださった、詩。

*********

最終日、椎名トレーナーから、
ニューヨーク大学のリハビリテーション研究所の壁に残した
患者さんの詩が紹介されましたが、

今回皆様にクリスマスプレゼントです。

『人生の意味を見つけるための、逆説の10カ条』

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろ
う。それでもなお、良いことをしなさい。

3.成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるか
もしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていか
ない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれな
い。それでもなお、築きあげなさい。

9.人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

*****
ご紹介くださったクラウンさんからの引き続いてのコメントが↓。

プレゼンでは、少しパントマイムを披露させて頂きましたが、
下記アドレスは自身のHPになります。
http://www.geocities.jp/p_yohei_kun/index.html
こっそりと御覧下さい。

↑「こっそりと」ってところが彼らしい、素敵なところなんですけど、
そう本人はいわれてるけど〜〜〜、
あんまり素敵だから、堂々と紹介しちゃいます。

クリニクラウンとしての活躍がほとんどをしめるようになってきたとおっしゃってました。
クリニクラウンとは、クリニックとクラウンが合体した言葉です。
病院で闘病する子供たちのところに行って、人間同士、会うんだそうです。

「心のふれあい」といってしまえば、
それ以上考えることをやめることもできる
頭で処理したい大人のための便利な表現かもしれません。

現場は一筋縄ではいかないのだろうと、容易に想像できます。

警戒…大丈夫だよ。楽しい? 好奇心、なんだろう、きみは誰? 
生きて、生きて、楽しもう。

そういったボランティア活動を行うクリニクラウンの彼は、
今日もどこかの小児病棟に現れているでしょう。

大切なことを、地道に、淡々と(きっと大変なこともだらけでしょうが)
やり続けていらっしゃる方です。

応援しています。

ありがとう!!!



Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM