こうしてみなさんと一緒に光を意図して存在させてもらえていること
たくさんの方が大切なことに気づき、行動されていることに
感謝の気持ちでいっぱいです。

先ほど白い光作戦をしている最中に
地球のことが大好きだったということを一気に思い出して
涙がでました。

小さいころ、草むらにへばりついて虫をつかまえた、あの土と草の匂い。
海の砂浜をいつまでも掘り続けていたときの潮風。
背の低い子供にとって、大地は何より近い存在で、
密接にかかわりあい、感じあっていたと思います。

その感覚を思い出して、今、変革の時をすごす地球に
「ありがとう、だいすきだよ」という言葉をかけることができました。

そんな大好きな地球、そして私を育ててくれた日本、
そこに住む命のいとおしさ。

このプロジェクトに参加してくださっているたくさんの方と
エネルギーを集めることで
そんな感覚をまた意識にあげることができたし、
感じることができました。

本当にみなさん、ありがとうございます。

********

今日行った17時からのヒーリングで
光のワーク伝授をスカイプにておこなっているとき、

我が家の娘や、お友達が、ものすごく楽しそうに
大騒ぎして遊んでいる声がしていました。

いつもならば、静かにして〜と思う場面なのですが
今日はすべてがこれでいいのだと思えました。

子どもの無垢で純真な存在の在り方や
心から楽しそうに歌う歌声が
大きなプラスのエネルギーなんだと思えるからです。

スカイプで参加してくださったみなさんも
「子供の声にほっとした」といってくださいました

*********

ようやく電車が動き出したという情報を得て、
急きょ夜になって旦那が出勤することになりました。

と、それまで元気だった次女7歳が、
急に私にくっついてきて離れません。
淋しいのかな?
怖い?
パパが心配なのかな?

屋根瓦が落ちる程度の被害で済んだ我が家でしたので
元気に遊んでいるから大丈夫かなと思っていたのですが・・・

彼女の小さな胸は、この大災害を経験して
もうはちきれそうになっていたのです。
そしてパパの出勤というのをきっかけに
こらえきれない気持ちがあふれ出し、
コンコンとなき続けたのでした。

その涙は、騒ぎ立てているものでも、わがままなものでもなくて、
ただただ悲しい、この状況に胸がいっぱい、
そんな涙でした。

ああ、今、小さな胸は
耐えきれないほどの衝撃を受け止めようとしているんだ。

そんなことに、やっと気づいたのでした。

いつもはみないテレビのニュースをつけてみていたこともあり、
あの地球の映像が、
人々の姿が、
幼い心に焼き付いたのでしょう。

そしてきっと
もっとも地球に寄り添って生きている彼女は
地球に起こっていることに、大人以上に感じるものがあるのかもしれません。


うまく言葉にだせないけど
たくさん感じてたくさん思っている小さな胸、

どうぞお子さんを抱きしめてあげてください。

*******

白い光作戦、明日も続行します。




Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM