White light project 

〜  for JAPAN & EARTH


純粋なる高波動の白いエネルギーを日本と地球に送ります。
日本と地球への愛があれば、どなたでもご自由に参加できます。

すでにご自身のやり方をお持ちの方は、やりやすい方法でお願いします。

また、初めてという方や、私のやり方をやってみたいという方のために
私のやっている方法をご紹介します。(多少変更しました)

まず大切なことは、できると思って下さい。
そして、エネルギーは送られていると思って下さい。
手順は次のステップをふみます。簡単です。

ー分を中心に定める
▲汽檗璽搬發両ごと宣言
9眷汎阿稜鬚じにつながる
て本にプロテクションをかけている視覚化
デ鬚じを確認
γ狼紊鯒鬚じで埋め尽くしている視覚化
Д▲侫 璽瓠璽轡腑鵑肇┘優襯ーの固定化

********

ー分を中心にさだめる
座っていても立っていてもいいです。
自分の呼吸に意識をむけて、リラックス。
丹田に重心を置く。


▲汽檗璽搬發両ごと宣言
「これからホワイトライトプロジェクトに参加します。
 日本と地球へエネルギーを送ります。
 
 大天使ミカエル、ウリエル、アリエル、ガブリエル
 守護天使、ハイアーセルフ、
 その他の5次元またはそれ以上の光の存在たちにのみ
 これから行うヒーリングのサポートを依頼します。
  
 愛として、純粋なる高波動の白い光を送ります。」


9眷汎阿稜鬚じにつながる
「高波動の白い光とつながります」と宣言する
自分の光

自分の中心に白い光があるのをイメージする

自分の光2

光が大きく強くなり自分を覆い尽くすイメージ

自分の光のはしら

白い光が柱となって、天にむかってどこまでも伸び
また地球に向かっても伸びる。
その柱のなかにすっぽりと自分が入っている



て本にプロテクションをかけている視覚化
「高波動の白い光で日本列島をプロテクトします」と宣言する

光の柱に入ったまま、柱とともに日本上空に来る。

柱日本上空

日本列島を白い光の柱の中へ。
天とつながる光の柱の中に自分がいて、
眼下に、日本列島をすっぽりと内包し
地球の中心までつながると意図する。

デ鬚じを確認
光の柱に包まれているイメージのまま

守護天使が後ろから抱きかかえてくれていて
自分の手に羽根を添えてくれている。

そして自分の手を通して天使の光がでていると思う。

両手を合わせて、エネルギーを感じてみる。
もわんもわんと両手が吸い付くような感覚を確かめる。
もし感じられなくても大丈夫。
でていると思って、次へすすむ。

γ狼紊鯒鬚じで埋め尽くしている視覚化
次に「地球に高波動の白い光のエネルギーを送ります」と宣言する。

自分の両手から
白い光がでているのをイメージする。
天使との共同作業だということを認識して、
手を地球に差し出す。


映画「アバター」を観た人なら、
癒しの木「エイワ」(だったと思う)から出てくる
広い光の触手のようなイメージが
とてもいい。

光の触手が地球を包み込み、
さらに日本の場所に触れていき集まっていくイメージもいい。

光の手

そして、地球をその白い光の触手で包み込む。
しばらく送り続けます。

これまでがんばってくれていた地球へ
日本へ
生きようとしている命へ
助けようとしている命へ
すべてに感謝を送ります。
ありがとうございます。

Д▲侫 璽瓠璽轡腑鵑肇┘優襯ーの固定化

「地球と日本は高次元の白い光にみたされ、
 この変革のときをもっともスムーズに進みます。

 <カドッシュ カドッシュ カドッシュ アドナイ ツァバヨット>」

最後のフレーズはぜひココロの中でもいいので言って下さい。
3次元に固定化させるための言葉です。

以上です。

一緒に力を合わせましょう。
開催時刻は随時告知しています。
最新情報をチェックしてください。

このたびの地震と津波、そして二次災害の被害が広がっています。
被災された方々に心より哀悼の意を表します。

そして今もなお被災地で頑張っていらっしゃる方々、
助けようと必死に活動してくださっている方々の御無事をお祈りします。

みなさまはいかがお過ごしですか。


こういうときこそ、心を恐れにあけわたさないという
意図が求められます。

恐れをあおるチェーンメールや
警告、被害状況、死亡者数のカウントをし続ける報道、
事態に対する対応についての批判などに必要以上に意識を向け
不安や恐れや批判・怒りなどで
自分の心を満たすのか。

地震直後から眠れぬ夜を過ごし
テレビの報道を見ていく中で、
そんな状態に知らず知らずの間になっている自分に気が付きました。

こんなことを自分に許している場合ではない。

平安な心と
救おうとする方の熱意や
生きようとするかたの意志に
気持ちをフォーカスすることは
小さいようにみえますが
とても大きな力になると信じます。

自分の心を平安でみたしてはじめて
それを拡張することができます。

それは大きな支援となります。

心を何で満たすのか
選んでいるのは自分なんだという自覚をもって

自分は誰として存在するのか
今一度確認してみることが大切なんだと思いました。

さらなる事態に備えつつ、
大きな転換が起こっているこの時を乗り越えていくために

私は、祈りと勇気をもって
できることをやろうと思います。

どうぞ私が
できることを一つでも二つでも
行動に移せる勇気をもてますように。

これからどんなことがおころうとも
反応をかえし続けるのではなく
意図をもって、現実を創造していますように。

**********

昨日は視覚化を使った日本列島全体のプロテクションと
地球へ光のエネルギーを送りました。

やっている間、かなりのサポートがはいっていること
そして真っ白い高波動のエネルギーが地球をおおい
浸透していくのを感じました。
そしてこれは続けてやることなのだと思いました。

やり方は私がこれまでの学びと
現在の直感で導かれるままにやった方法です。

今後も定期的にエネルギーを送りたいと思います。

一人でやるより、多くの方と協力した方がさらなるパワーになると思います。
私が行う時間は次の予定です。約20分です。
地球のサポート隊の一員としてご一緒してくださる方は、
どんどんご参加ください。
一緒に高波動の真っ白いエネルギーを地球と日本に送りましょう。

難しいことは何もありません。どなたでも参加可能です。

White light project 〜  for JAPAN&EARTH


本日13日は
17時〜

明日14日は
10時〜
17時〜

日本のプロテクションと
地球全体に真っ白い光を送る様子を視覚化して行います。

やり方は後程アップします。

これからイメージのイラストを描きますね。
わかりやすいと思うので。。。

*****

また以前こちらのブログで紹介させていただいた
天使からのメッセージを伝えてくださっている
イリゼさんも

夜22時から
4大天使を招いたエネルギーワーク
を行われます。

内容はついさきほど覗いて知ったのですが、
私が昨日やったのとほぼ同じイメージでした。


 「あなたと出会うべき人は、あなたのところに行くよう
 こちらですでに用意しているから、あなたは何もしなくていい」

1か月ほどまえのことか、、、
スーパーで買い物しているとき、
ふとそんな概念がやってきた。

「えっ?そうなの?」
と思っていた。

それからいくらかの時間がたったが、
確かに、そうらしい。
と思う出来事が続いている。

ある日、ママ友から電話があり
「ゆかちゃん、確か子宮筋腫で手術した経験があったよね。
 実は私の友達が子宮全摘の手術をお医者さんに言われて
 とっても悩んでいて。。。少しお話を聞いてあげてもらえるかな??」

私の経験や、子宮の大切さ、そしてそれを救おうと活動されているお医者さんもいらっしゃることなど、その方におつたえできることがあるかもしれない。
何より、経験があるだけに、お話を聞くことはできる、
心細くて絶望の中にいらっしゃるその方と電話でお話させていただくことにした。

「はじめまして」
から始まった電話は、
かなり濃厚な時となり、気が付けば2時間半。

子宮筋腫の話から、
エネルギーとしての自分について、
体を理解していくためのアプローチ方法の実践などなど、
スピリチュアルな領域の話にまで及んだ。

その夜ママ友のところには彼女から
「人生が変わる電話だった」とメールがきたそうだ。

*********
また先日は・・・
別の友人が興奮して朝電話をしてきた。
「大変な状況になっている友達がいる。今日、ゆかちゃんと会わせたい」

時間もあったので、いいよ、と返事した。
ちょっと聞いたら、家族に劇的な変化が押し寄せていて
それぞれの葛藤と解放が起ころうとしているようにおもえる状況だった。

当事者の方とそれを心配しながらも応援しているお友達3人の
合計4名が急きょ私の自宅に来てくださった。

約束の時間に間に合うように、
外出先から自宅に向かっていた車の中で
ふと
「今日は、複数の人と場をつくるための練習だよ」
と言われた。


2時間弱の時間、渦中の方の状況をシェアしてもらいながら
みんなでお話をさせていただいた。
それぞれにいろんな反応点がでてくる。
私に正解を聞こうとする場面もあった。
正解は私がもっているのではない。
だって、正解などないのだから。

渦中にいる自分はどういう存在として、ありたいか。
それだけなんだ。

ってことを、伝えられただろうか。
言葉を超えた何かで。

苦しいときや大変な最中は、それどころではないかもしれない。
いつか時間がたち、その時が来た際に
気づきを得るサポートになれればいいなと思うが、
ならなくても、それはそれでいい。
*********

その夜、昼間の席にいらっしゃった方から電話があった。
実は自分の状況も混乱状態で、
話をきいてもらいたい。
これから行ってもいい?

子供が寝てから、お話を聞いた。

「気持ちだけなんだけど、どうしてもお金は払いたいので」
といって、おいていってくれた。

以前の私なら、お金はいいよ、っていいそうなところだが、
やはりここはいただいておくことにした。
払うことでその方の気持ちが落ち着くのだから、
受け取るということにストップをかける必要はない。

******

自分には、何ができるだろう。
やりたいと思っていることをうまく軌道にのせるために
何をするべきか。
何を準備する必要があるか。

そんなことをずっと考えて、動いてきた。

それすらなにもする必要はないのかもしれない
と、うすうす。

「今できることをやればいいだけ」
もう2年前にチャネラーで陰陽師のサイキック、ミカエルさんに
ズバリ言われた言葉を
また思い出す。

すべてを信頼して
結果を手放す。

なんだよね。

ここのところ、いろんなセッションを受ける機会に恵まれている。
肉体面から。エネルギーレベルで。カウンセリングによる思考の気づき・・・。

私の中で、
今大きく手放そうとしているものがあって。

またその一コマが動いたようだ。

これが今とても大切なんだそうだ。

わかってはいたけれども。

わかってはいたけれども。

やっときた。

春の目覚めは
穏やかに、でも確実に、訪れている。

受入れていこう。
抵抗する必要は、ない。
だって、恐れることはなにもないのだから。

世界は何も変わらない。
私が変わるだけ。

私が変われば、
私の住む世界は変わる。

この一見矛盾したようなフレーズは
もう何度も繰り返し言い聞かせてきたこと。

なぜか。
という問いが大事なのではない。

どうありたいか。
それが大切なのですね。

私はシンプルな本来の自分に戻りたい。

自分でいることが、
楽で、
楽しく、
喜びであるように。

いつも、そこから、はじまりますように。

だからわかってあげよう、もっと自分のことを。

知っていることと
感じることの違い。
気が付いていることと
理解して受け入れることの違い。
いい加減認めることと
それごと愛することの違い。


私は誰ですか?

誰かな。





1月中ごろのことだったかな、友人が主催する「TOKA!!会」に行きました。
等価・・・自分が提供できるサービスを
自分が欲しいサービスを持っている人と交換するというシステムです。
お金をかえさずサービスを交換することで
「お金がかかるからやめる」、
とか「お金をもらうほどではないからやらない」
といった自分が自分にかけたストッパーをはずすことができて、
すっとサービスの交換ができてしまうという、まったく面白い会なんです。

さあ、そこで私はあるヒーラーさんと、セッション交換をしました。

そして、お約束を果たそうと、月曜日にセッション交換をしました。
お互い、それぞれに大きな気づきを得る時間となりました。

クライアントとしてやってもらって、私が気づいたこと。
それは、やっとそこの部分を自分で許して手放していくことに同意したんだねって思う
深いところでの自己否定でした。

でてきたのは、父でした。

私は小さい時本当に父のことが大好きで
とても強く父を助けたいと思っていたことを覚えています。
父の背中に手を当てて「この人のつらさや苦しみを私が全部引き受けるから、神様どうかお父ちゃんを楽にしてあげてください」って頼んだのを覚えています。

そこまでは覚えていたのだけれど、
そのことがどうして自己否定につながっていくのか、
私が自分を無価値だとし、自分を痛めつけるようなことを
無意識のうちにしていたのか。。。。

それは、「父を助けるといったのに、助けられなかった自分はダメなやつだ」という罪悪感でした。

私が関わってしまうと、その相手を助けることができないかもしれない。
私なんかにかかわらない方がその人はいいのかもしれない。

その思いが、子育てにもでたのでしょう。
子供をなんとか安全にしてあげたくて、
私は保育園(それもすごくこだわってやってくれる自然育児の保育園)
に子供を預けるという選択をするのです。
つまり、自分がやったらダメにしてしまう・・・から。

行動としてでていた
「ちゃんとしなくちゃ」と思うつよいこだわりの裏には
自分への信頼のなさがきっちり現れていたのでした。

そしてセッションをしてもらっているとき
ヒーラーのみかさんがこんな質問をしてくれました。

「今、お父さんに伝えたいことは何ですか?」

その時私の中からでてきた言葉

「お父ちゃん、ごめんね。助けられなくて、ごめんね。
だけど、本当は、お父ちゃんは自分の人生を、その時の精一杯で生きて
生きて生き抜いてきたんだよね。そしてそれは間違いじゃないし、
立派な人生だったんだよね。(現在要介護となった父)記憶がなくなってしまった今もお父ちゃんは大切な時を生きていて、ちゃんとすべてうまくいっているんだね。お父ちゃんのことを私が助けなくちゃいけないなんて思ってごめんね。本当は、私がいようがいまいがお父ちゃんは自分で自分の人生をまっとうして生きているんだよね。だからそれを応援しているよ。ありがとう。」

私の奥底にいた自分にたいする無価値観のもとは
父に対する愛でした。
私の愛は、
裁きたがる自我の手により、
自暴自棄という仮面をかぶって
私の行動に、生活に、人生に現れていたのです。

そして
自暴自棄のエネルギーは、仮面を脱いだら、愛のエネルギーなんだ
とわかったら、
すごく、すごく、ほっとしたのでした。

幼いころに抱いていた純粋な父への愛が
今こうして、
また本来の姿としてとらえられたとき

すべては、自我がつくった幻だったのだと
本当に受け入れることができて、
ただ涙が流れるのでした。

そんな気づきが得られた貴重なセッションを提供してくれたのは、
三浦海岸在住のヒーラー・澤智みかさんです。

今、一足早く
早咲きの桜が、三浦海岸の駅を満開で彩っています。

 肉体改造、3日目。

今日は、すいすいと(←強調)腹筋10回、背筋10回、腕立て5回。

いい感じジャン!

 「男の裸、みにいかない?」と友達からお誘いがあった。

「行く!」

一人でも絶対いくつもりだった。

映画「あしたのジョー」

山P目当ての私でしたが、
いや〜、山Pもいいけど、伊勢谷さんもすごい!
さらに丹下段平役の香川照之さんの演技が最高にすばらしい!!
香川さんご自身も「自分の役者人生の中で、現時点での最高傑作です」と言い切る
渾身の演技なんです。

さらに演出もいいし、なにより、シナリオがいいんだよ。

あの名作の実写化で
ここまで一つの世界観をつくってくれたて、すばらしい。
感動するのだよ。
本当に観に行って、よかった。
もう一回観たい。

映画「あしたのジョー」予告動画


映画を観終わってしばらく、もう現実に戻ってこれないくらい
どっぷりジョーの世界が続いていて、
自分のゆるみきった肉体をなんだか急に改造したくなった。
(絶対みんななると思う)

そこで、その夜から
「腹筋、背筋、腕立て」を始めた。
子供たちも大乗り気。

私、、、
腹筋3回、背筋3回、腕立て1回もできず・・・
え〜〜〜、まじで(ToT)/~~~

果たしてキレのある肉体になるのか〜〜〜!?





 お天気はぽかぽか陽気でとっても気持ちのいい一日です。
今日の計画は車で大宮氷川神社まで行って、一度ごあいさつをしてから、
ず〜っと参道を下って、また参道の入り口からず〜っと氷川神社をめざし歩き、
そしてまた参拝するというコース。
往復で4.5キロのお散歩です。

お天気にも恵まれたし、なにより参道を見守るように植えられたけやきの木が
ず〜っと続くので、すごく気持ちがいい。
歩くのが楽しいのであっという間に参道の出発点・一ノ鳥居に到着。


一ノ鳥居

参拝はこの一ノ宮からスタートするのが正式とされているそうで、
お時間あるならここから歩いてみるのがおすすめだそうです。

ここからおよそ2キロ続く参道、
歩き始めてすぐに、面白いものを発見!


立札

返してくれるかな・・・・。

看板2

看板に何かかくのが好きな人がいる模様。

参道

こうしてのんびり歩いて、二ノ鳥居をくぐったその時!
あっ!あれは!!!

江原さん発見

テレビのロケ隊。カメラの先にいるのは・・・

江原さん

江、江原さんじゃないですか〜〜〜〜!!!! >゜))彡

うわ〜。
江原さんおすすめのパワースポットを紹介しようと思ったら
ご本人自ら紹介している現場に遭遇!!!

ウキウキしながら後をついていきました。
いや、たまたま目指す場所が同じだったので・・・。

そんなこんなで耳をダンボにしながら、
江原さんの言葉を聞きつつ、
本日2回目の大宮氷川神社へ到着。

江原さんが初体外離脱で飛び出したという宗像神社へ。
ご本人がいるところで写真とったら何かあるかも・・・
と単なるミーハーな私は、パチリ。

宗像神社2

この橋を渡ったすぐのところにこんなものがありました。

心洗

・・・洗います。

そのそばに広がる竜が住むという神池も、パチリ。

神池

江原さん参拝後の本殿で、私も参拝して・・・

本日は、なんともうれしい一日とあいなりました。

ちなみに、このロケの模様はBS朝日で4月中旬に放送予定だそうです。







 近くに住んでいながら、まだ行っていなかったパワースポット
大宮氷川神社に、旦那の厄除けをしに行ってきました。

大宮氷川神社


関東の氷川神社の総本社にあたる大宮氷川神社の御祭神は

須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
の大御所ぞろい。

本殿

江原さんが初めて体外離脱したときに行った場所が
この大宮氷川神社だったそうです。


『今から約20年前、ちょうど高尾山で滝行を続けていた頃、ぼくは初めて幽体離脱を体験しました。・・・・・・幽体のぼくは、一瞬のうちに池のほとりに立つお堂から外に出ました。・・・・・・。そして次の瞬間には、荘厳な社殿の前に立って、ぼくの人生を決めるような神霊の声を聞いていたのです。 1年ほど後、偶然に氷川神社を訪れたぼくは、目を見張りました。幽体のぼくが導かれたのは、まさしくこの神社だったのですから。』
”スピリチュアル・サンクチュアリ −江原啓之神紀行−”より


神池

↑神池


江原さんは、この神池から本殿にかけて、竜神がとぐろを巻いていた光景を見て、
スサノオノミコトが守護神となり、除霊できるようになったということです。

私の行ってみた感想は、
確かにピーンとした済んだ空気で、気のいい場所。
なぜか懐かしい。

この神池の横にある「宗像神社」(←江原さんが体外離脱のときでてきたところはたぶんこれだと思う)の前に立ったら、なんだか嬉しくなった。

宗像神社

大宮氷川に続く2キロの参道が気持ちいいという話なので、
今日は参道を歩いてみようと思います。

行ってきます。






朝から雪が舞っていた。
こんな日は、外出はもってのほか、こたつに入ってのんびりしていたい。
といつもなら思うのだろう。

しかし、昨日は、違った。
会いたい人がいる。
その思いが動力源となり、すいすいと私を会場へと運んでくれた。

誰も座らず空いている最前列に、口火を切って、座ってみた。
せっかくだもん、近くで感じたい。

奇跡のコースの翻訳者・田中百合子さんは
広島県三原市からいらしてくださった64歳。

うちの両親の出身地で母の実家があったため、
子供のころはよく三原に帰ったものだ。
時折でる広島弁に、どうしようもない懐かしさがこみ上げる。

百合子さんと目が合ったら、にこ〜っと微笑んでくれた。
なぜだろうか、それだけで、癒される。

百合子さんの訳してくれたコースの言葉にふれる体験は、
その時その時で感じ方や理解の幅が変化していて、
まるで私の何かと響きあうような生きた感じがある。

だから、一度読んだら終わり。という通常の読書とは違う。

その理由が、昨日お話を聞いて、よくわかった。

百合子さんが奇跡のコースの翻訳に取り組んでくださっていた数年間、
その作業というのは、単なる頭脳を使った翻訳ではなかったという。

まずは原文のフレーズを何度も何度も読み込んだら
後は目を閉じて、直接、といかけるんだそうだ。
「このことを日本語で直接私に言うと、どうなるのですか?」と。
そして受け取った内容を、書き記していく。

チャネリング翻訳。

だからか。
あの独特な言い回し・・・
うけとったのはそうだった。
そのまま書き記してくれたんだ。

そのおかげで私たちは、読書を超えた体験をすることになる。

*******
3時間の講演会の最中に、
奇跡のコースからいくつかの文章をピックアップして
百合子さんが読んでくださった。

なんだろうか。
もう、心が感じずにはいられないのだ。
自然と溢れてくる、安心感と喜びと感動の・・・涙。

すごく洗練された舞台を見て感じる感動にも似ている。

エンターテイメントとして演出せずとも、
きっちりと意図されて放たれたエネルギーは
やさしくかつストレートに胸に届くのだろう。

そして表現としてはものすごくシンプルだけれど
秘めたる力は強力だ、と思う。

小さいころから、人を感動させたい。そして癒やしたいと思っていた。
その答えを明確に感じた。

*******
私にとって、ものすごく意義深い3時間となった。
主催してくださった方々の存在と、
分かち合って下さった百合子さんと、
分かち合うために集まった会場のみなさんに心から感謝します。
ありがとうございました。

かなり自分目線の報告となってしまったけど、
忘れないように書き留めておきたいので、書かせてもらいました。
講演会のリポートは、主催者のやすらぎの部屋のコオさんがブログ
書いてくださっています。
また同じページで他の参加者の方のご感想もリンクされていますので、
ご興味あるかたはどうぞ覗いてみてください。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM