面白いからまたやっちゃう!

コラボワークショップ#2のテーマは「うつくしい」です。
初めてご参加の方も大丈夫です。

「すべての存在がエネルギーを放ち、エネルギーはすべてに影響を与える。 
すべては振動し、エネルギーを放っているんだ。」 

※エンリケ・バリオス著「魔法の学校 ホワイトマジック特別集中講座」より抜粋 

繊細で優雅でシンプルな毎日と、横暴で粗野で雑多な毎日。  
あなたは、どちらがお好みですか? 
あなたがいるだけで、なんだか凛として波動が上がる! 
自らが動くパワースポットになるとき、周りの人々にも同じ振動を伝えることができます。 
自分をとりまくエネルギーを「うつくしく変える方法」について 
身体と思考の両面からアプローチし、深めていくワークショップです。


終了しました。ありがとうございました。


この週末は、とても素敵な講演会に運よく2つもいくことができて、
めったにおめにかかれない方のお話を聴くことができました。



初めてお話を伺った佐藤初女さんは、とてもおちゃめな方と思われました。
印象的だったのは、会場からでた質問をよくよんで、ピンとこなかったら、
また声にだしてもう一度全部読んで、ちゃんと受け止めてから答えていらした姿。
その答えはというと「そうですね、この方のおっしゃる通りです」の一言だったりもした。
余計な言葉を足すことはせず、あっさりと。
だけど、ちゃんとその方の質問には答えていらっしゃった。
説明してわかっていない人のために過剰にするなんてことは一切ない。
その姿に本当に学ぶところが多かった。

以下、思わずメモした初女さんの言葉を紹介したいとおもいます。

「うまくいかないとき、何事もちょっとお休みするのがいいんです。
 お魚を煮ていても7分ほど煮て、ちょっとお休みする。
 そうすると味がしみて、まろやかでやさしい出来になります。
 ちょっとお休みすると、とってもいいおこたえがでます」

「問題を解決するときには、まず相手を受け入れること。」

「一旦受け入れて、それでやっぱり今の私にはできないなぁというときは
 ちゃんと言います。『私にはできませんでした』と。
 それでも一旦受けいれておりますので、相手は安心して、また乗り越えられます」

「困難なことにぶつかっている人には、
 その人の苦手なことを選んでそれをしてみるように勧めます。
 そうすれば、苦手だから一生懸命やるし、
 コツコツと時間もかかるし、そのうちに悩みの方が消えてなくなります」

「すべてに命がある。食事をつくることは、命を最後まで活かすこと。
 食材を活かしたおいしい食事があれば、みんなニコニコ、心が満たされて
 生きる力がでてきます。少々のことはすべて抜けてしまいます。
 命をいただいて、心が育まれます」

「自分でいいと思ったことは、伝えていくのが使命」

ありがとうございました。

*************

日曜日は、かねてから応援していた
登山家の竹内洋岳さんのお話を聴ける機会に恵まれました。
昨年8000メートル峰14座を日本人で初めて制覇されたことで、
さまざまなメディアにも取り上げられていましたね。

新刊本がでましたよ。2冊も。



「真っ暗で寒い山の中で一人迷って、恐怖を感じないんですか?」
と私が聞いたら

「恐怖があるからいいんです。
 恐怖という感覚は、センサーです。
 恐怖心が湧きあがるから、慎重に確かめてみる。
 恐怖心って、生き抜くために備わった大切なセンサーだから
 もし山で恐怖心を感じなくなったら、それは死に直結するでしょうね」

たった一人で死の淵にいて、
中から湧き上がってきた恐怖を信頼し、命を預ける。

竹内さんのお話。

「雪山で寝たら死ぬなんてよくドラマとかで観るでしょ。
 「寝るんじゃない!」なんていうシーン。
 結果的にいうと、私は寝ましたが、死にません。
 というか、40時間以上も歩き続けて意識は朦朧とするなか、
 もう寝たいんですね。
 それで寝ようと思って座り込む。ウトウトっとする。
 だけど、寒くて、目が覚める。
 人間って、どんなに眠くても、寒かったら起きるんですね。
 それは、生きるという方向へ全部が向かっているから。
 生きるという方向へむかっていれば、雪山で寝ても死にません。
 なぜなら血液を温める為に体が勝手に振動するからです。
 ブルブルってふるえてそれで起きる。これの繰り返しです。

 生きるか死ぬかの分かれ道は、常に生きる方へ向かっているということ。
 だからもし、雪山で眠ってしまってそれでもう死んでしまったという場合は
 たぶんですが、それは死に向かっていった結果だと思います」

*************

人間って、すごい。

昨日、無事、「ゆたかフェ #1」の第二回を終了しました。
参加してくださったみなさま、楽しく深いひとときをわかちあえて、嬉しかったです。
ありがとうございました。

******

「ありのまま」でいることの深さについて、
そして実はそのシンプルさについて、
考えるのであります。

自分の「ありのまま」になろうとする努力。

この一文に潜むからくり作りが、自我の大好物なのであります。

「ありのまま」はどこか遠くの手のとどきそうで届かないところにあるのかな。

今、ここにすでにあるんだよね。
ありのままでいることを受け入れさえすれば。

ありのままでいることに意識をむければ、
それを阻止している要素にちゃんと気づくことができる。
だから阻止していることにエネルギーを注ぐことをやめればいい。

筋肉の無意識的なこわばりも。
自分が光であるという真実をうけいれたくない、思考も。

ただシンプルに「あるがまま」であることを阻止する力。
強力なように思えるけど、
意図をもって臨めば、誰にでも必ず、手放すことができる。

手放す方法としてのテクニックやアプローチ方法はたくさんある。

ただ、何をしようとしているのか、意図をしっかりもつことが
エネルギーに方向性を与える。

無知からの脱却。

変化することは、宇宙の性質。
成長は、止められない。

だから、現時点での自分のバランス点にいさぎよく手をふって、
さらなるあるがままの中心点にむかって
バランスをとりなおそう。

それが、成長。

嬉しいね。

******

今日はこれから 森のイスキア主催の おむすび の 佐藤初女さんの講演会に
いってきます。とてもお会いしたかった方ですので、楽しみです。

参加してくださった女性の方よりご感想をいただきましたのでシェアさせていただきます。

*******

期待以上に有意義そして楽しい時間でした。
その後何かと活用しています。

体の抵抗というのは、あまりにもずっと持ち続けているからでしょうけど、
意識しようとするのも結構難しいものですね。
でも、いつも腹が立ってしまうシチュエーションでも、
ニュートラルにいるということができたときには
ちょっと自分をほめたくなりました。

息子とは、ガツッとあたっては、息子もいらっとし、
そうすると要らないことも 言いあい、
当たり合っちゃうというパターンに陥りがちでしたが、
体の緊張を ゆるめてゆるめてしていったら、
なんだか不思議と当たりどころがなくなり、
るゆるしてきて、やさしい気持ちになってうまくいってしまったのには、
なるほどとも驚きとも。

娘と話していたときにも、抵抗(緊張?)をはずしたら、
彼女の呼吸がゆったりして、気持ちを話し始めたことがありました。

他に、緩めたくない、というエゴもたびたび登場してきて、笑っちゃいます。
 この人を受け入れたくない、とか、一体になりたくない、とか、
私とあなたは別々きっぱり分離していたい、
みたいなものが、かなり緊張を生んでいる ようでした。
そこを、あえてまだ、緩んでみようよ、とはしてみていないのですが。
ほうほう、そこが厭なのね、みたいに、その緊張を知った、に留まっています。

ゆたかフェ後の水曜日に、カイロプラクティックに行ったのですが、
2週間前 かなり悪かった状態から、とてもいいですねーという状態になっていま した。
筋肉もほどよく緩みすぎず緊張しすぎず、超ほめられました。

思考を使うのも使ってみています。
ときどき抵抗に向かって話しかけています。
これはゆっくり、あとで対策するのに向いていますね。
でもこれも練習が必要と思った。

体の緊張を意識するのは、その場での即効性がすごい。
思考はあとで、頭が納得するように話し合う感じ。
体と思考が2人で話しあってるみたい。
両方やるといいのかも。

**********

感情が湧き出ているときはそれに飲み込まれてしまいそうになるぐらい
すごいパワーで引っ張られてしまうけど、
実は、そんなときこそ「受容性のワーク」を使う合図なんですよね。
そして、試してみたら、
いつものパターンとは違う結果を体験することになる。

すごく大事なことが起こっている場面だと思うんです。

「出来事に対するあなたの反応が体験する世界をきめる」

怒りやイライラの反応が巻き起こす世界と、
やわらかく受け止めることができて、穏やかに心の内を話すことができる世界。

自分によって、それが実は選ぶことができるんだということは、
やってみた人しかわからない実感だと思います。

貴重な体験をシェアしてくださって、ありがとうございました!

★「ゆたかフェ」#1 6月28日(金) 受付中★

大好評だったゆたかフェ #1「やわらか」を平日開催します。
時間が変更になりました。6月28日(金)午前10時〜午後15時までです。
(ランチ休憩1時間あり)

ご希望の方に、ワークショップ後にyukaとたかこさんの
それぞれの特別ミニセッション枠を用意しましたよ。

♡五十嵐多香子・特別プチセッション♡

WS参加者の方に限り、終了後、特別価格でプチセッションをさせていただきます。

 A.竜脈整体……カムイ・アーツの技法。
  全身の「竜脈」に働きかけることで、心身に調和&パワーアップをもたらします。
  やさしいタッチです。

 B.波動調整

  どちらも、通常は30分5000円のメニューを特別プライスで提供させていただきます。
      参加者価格 30分3500円
  かなりお得です♪

♡yukaのプチセッション♡

「メッセージギフトセッション」 30分3500円

30分のyukaのオリジナルセッション+メッセージカードです。 
NLPの心理テクニックと奇蹟のコースをベースとした個人セッションののち、
受け取ったメッセージを素敵なカードに書いてお渡しします。
カードはアーティストEmaさんの手作りカードです。


ご希望の方は、ゆたかフェお申し込み時におっしゃってくださいね!

*********

ゆたかフェ 
#1「やわらか」

生きていく中でいつしか私たちは、頑張ることを覚えました。
負けないように、傷つかないように、守るために、勝つために
頑張って、がんばって、ガンバって!

そしてふと気が付くと、
『頑張らないこと=怠けること』と思い込んでしまっている自分がいるかもしれません。
でも、頑ななものは、実は弱い。
強い力に力で抵抗すると、最後は折れてしまいます。
しなやかに、柳のように、どんなことがきても折れずにいることは、
怠けていることとは違いますよね。
そうです。 「やわらかさ」が新たな在り方となったとき、
同じ日常、同じ人間関係の中にあっても、体験することが変わります。
世界の見え方が変わるのです。
心穏やかなる豊かな自分への扉、鍵となるのは「やわらかさ」です。

 今回のワークショップでは、体と思考の両面からアプローチします。
 「やわらかく」生きるための気づきをぜひ。


「やわらかい体」
ここで言う「やわらかい体」は、ストレッチ能力の高い体のことではありません。
楽に自分らしく生きられる体のことです。
「やわらかな体」を取り戻すために、「ブロック解除」の方法を学びましょう。
 ほんのちょっとのヒントで、体のあり方が大きく変わっていくのを体感してください。

 効果:人とのコミュニケーションがスムーズになる    
    ストレスに対処しやすくなる。    
          姿勢が美しくなる    
          自信がつく
    肩凝り解消   ・・・etc


「やわらかい思考」

「これはこうあるべきだ」。誰でもそう思う部分はあります。
 けれど、それはあなたを幸せにしているでしょうか?

「あの人って、なぜか本当にイヤ!」。
そんな人間関係を終わりにしたいとき、一体何ができるでしょうか?
絶交? 無視? 関わらない? 相手に言う?
そういった今までのやり方とは全く違うアプローチがあります。
しかも、心がとても穏やかになる方法です。

「やわらかい思考」とは、今こういう風にしか見えないと思い込んでいる世界を
違った風にみることのできる「心のメガネ」をかけかえること。

さて、新しいメガネをかけたら、あなたの世界はどんな風に見えるでしょう?


効果:イライラが減る
   心が乱れる場面を成長のチャンスに変えられる
   自分も他人も追い詰めなくなる
   コミュニケーションが円滑になる
   自分と仲良くなる、他人と仲良くなる


五十嵐多香子
バックグラウンド:
 カムイ衆(真鍋白鷹氏のカムイ・アーツ実践者)
 エンジェルリーディング&ヒーリング
 波動調整® QR認定プラクティショナー
ビオダンサ 

たかこさんのブログ「12枚の羽根の歌」

 yuka
NLP(神経言語プログラミング) マスタープラクティショナー
奇跡のコースに取り組み8年目を迎える。

 日時:6月28日(金曜日) 10:00〜15:00(4H)
    (※時間が変更になりました。 途中ランチ休憩1hあり)
 場所:桶川市市内の会場 
     ※桶川駅より送迎あり
 料金:5000円
 定員12名
 
お申込み方法:お申込みフォームへ

参加してくれたさとこさんが、ブログに感想書を書いてくれました。
 
そして、こんな感想も送ってくれましたのでシェアします。

******
行って良かった!
「やわらかい体」自分らしく生きられる体になれる
受容性のワークを教えてくれてありがとう。
 
体感を伴うので出来たかが分かりやすくて良かったです。
これ好きです。
 
いままで受け容れるって本当にこれでいいの?
これで出来てるの?だったのが、
これでいいのかぁ になってうれしかったです。
 
仕事で接客している時には自然に出来ていたこともあったんだ
と気づきもありました。
 
これからは意識してやっていこうと思います。
やがて自然にそれが当たり前になるようにね^^
 
それと「やわらかい思考」部分でが教えてくれた
いままで守ってくれてありがとうね」
「なにかして欲しいことある」
受容性のワークに合わせてやってみたら
からだがグニャグニャ動いて面白かったよ!

**********

そうなんです!
「やわらかい身体」でのワークと
「やわらかい思考」での意図を合わせると
すっごくパワフルになるんです。

これ、私も今実験中で、すごい深くなりそうな予感。
4時間でそれぞれ基本をやったのですが、
参加者の方のアレンジで発展させてもらえたのを聞くのも
楽しいです。

同じテーマで再び開講します!!

★「ゆたかフェ」 ワークショップ「やわらか」

 日時:6月28日(金) 午前11時〜16時(ランチ休憩1時間あり)
 場所:桶川市生涯学習センター 和室  
  (電車でお越しの方はJR桶川駅より送迎いたします)
 会費 5000円

お申込みはこちらから♡
お申込みフォームへ


★「ゆたかフェ」#2は、新たな切り口で現在構成中!!
  7月20日(土)北区の会場を予定しています。

 

yukaが担当しました「やわらかい思考」コーナー。
NLPの基本と奇蹟のコースからの引用をまじえて、
なんだかすっごく濃厚な時となりました。

やる前から「絶対多いな〜」って予感はあったんです。
だけど、初めてのワークショップって大抵そうだろうと思うんですが、
あれもこれも出したくなって、結局てんこ盛りになっちゃう傾向が
あるんじゃないかな〜。

そしてちゃっかり私もそうなってしまい・・・。
でも、まあよしとしよう!
初めてだから、スペシャルで。
どっかの部分が誰かの心に留まれば、それでよし、だから。

と思って、臨みました。



やらせていただいて、本当に楽しかった。
次回に向けてのさらなるアレンジも見えてきましたよ。

************

<参加者Yさんが、ワークショップ後の体験をシェアしてくださいました>

不登校ぎみの息子さんを持つ彼女は、
起こしても起こしても起きない息子に
その日も何度となく声をかけて、
最後にはどうしようもなくイライラしてしまったんだそうです。

いつもならば、そのイライラを抱えたままどうしようもなかったそうですが、
はたとその時思い出して「そうだ!ワークショップで教わったあれをやってみよう」
と思い立ったそうです。

彼女が実際にやったのは、「やわらかな思考」コーナーでワークした
内面の部分を受け入れてお話するイメージワーク。

そうしたら、
真っ黒なタール状のものが吹き出しつづけているコップが見えました。
その部分に向かって話しかけ、受け入れ、そしてどうしてほしいの?と聞いていく間、
なぜか手が机の上をぐるぐるとなでて、目からは涙がポロポロ流れたそうです。

************

この話を聞かせてもらえて、
ああ、これだけでワークショップをやってよかったなって思いました。

いつもと違う行動をする。
これって、本当にとってもとってもすごいことですよね。

いつからだろう、気が付けば同じパターンを繰り返しているってことありませんか?

おなじみのあのパターンをたどって、
心が怒りやイライラや悲しみでいっぱいになってしまう。
そしていつもの落としどころでなんとかバランスを保つ。

ある出来事に反応して、ぐるぐると迷宮に迷い込んでしまったとき、
自分の力ではそこから永遠に出られないのではなかろうかと思ってしまうほど、
思考の迷宮にはエネルギーを奪う力があります。

だけど実は、そんな場面こそが、糸口なんだってことを
Yさんは体験されたんですね。

それはYさんが、ワークショップで知ったワークを
実際に生活の中でやってみることを選択したからです。

この話には続きがあって・・・。

次の日の朝。
いつものように声をかけると、息子さんは一度ですっと起きて
学校に行ったそうです。

Yさん、シェアしてくれてありがとう!

******
同じ内容で、平日にも企画しました。

★「ゆたかフェ#1」 ワークショップ「やわらか」

 日時:6月28日(金) 午前11時〜16時(ランチ休憩1時間あり)
 場所:桶川市生涯学習センター 和室    
(電車でお越しの方はJR桶川駅より送迎いたします)
 会費 5000円

お申込みはこちらから♡
お申込みフォームへ

ご縁のある方との濃厚なひと時、楽しみにしています。

ありがとうございました!!!

昨日、無事 初のワークショップとなります 
ゆたかフェ ワークショップ「やわらか」が大盛況で終了しました!

9名もの方が集まってくださって、
いやはや、濃厚なる4時間を共に味わうことができました。

前半はたかこさんによる「やわらかい身体」編。
カムイアーツの基本「受容性のワーク」を教えてもらってみんなで体験しました。



人間の意識って面白い。
本当に壁って抵抗するから生まれるんだ!受け入れたら、相手は戦うことができないんだ!
ということが、体験した人にはわかるんです。
つまりすご〜く大切なことで、生きていく上で出会う様々な場面、
身構えてしまう場面、なんとか自分の意見を通したい場面、ケンカ腰の人と話す場面、
クレーム対処もそうだし、親子の会話や、ギクシャクしている夫婦のコミュニケーションにも絶対に応用できる基本ならがにしてとっても大切な気づきをいただきました。
本当に面白い!!!

そして繋がりながらこの受容性のテクニックで自分の中のこわばりをオフにしていくと、
相手に癒しが訪れるんですよ。完全なるヒーリングセッション。

私もやってみたら、
「なんであんなことにこだわってたんだろう???」
って思えてきて、笑えてきて、結局ゲラゲラゲラって笑って、はい、おしまい。

そう、終わったことは終わったこと。
って、なんか感情がすっとこだわらなくなり、手放したって感じがしました。

すごいことだよね。
子どものときはやってたよね。
きっと怒られたって、親の気分で不条理にどなられたって、
その時はむっとしても、すぐにケロッと忘れて楽しく過ごしていたよね。

それが大人になるとどうしてだろう?難しくなる、、、というか、
感情に執着する癖がいつの間にかついているのかな。

それがこんな方法で解き放たれるんだって知って、びっくりです。

とてもいい学びでしたよ。本当に。

言葉で説明するより、体験した方が断然早くて、使えるモノになるよ!

********

すっごく濃厚で楽しくて、そして一体感を感じられたいい時間となりました。
参加してくださって分かち合って下さったみなさま、
本当にありがとうございました!

後半は私が担当して、「やわらかい思考」ということで
思考体の本来の使い方について紐解きました。

その報告は、次回!

たかこさんがブログで報告記事を書いてくれています。
「12枚の羽の歌」

*********

今回ご都合が合わなかった方で、絶対参加したいからまたやってほしいという声を
数人の方からいただいています。

というわけで、同じテーマで再び開講します!!

★「ゆたかフェ」 ワークショップ「やわらか」

 日時:6月28日(金) 午前11時〜16時(ランチ休憩1時間あり)
 場所:桶川市生涯学習センター 和室
    (電車でお越しの方はJR桶川駅より送迎いたします)
 会費 5000円

ぜひぜひ!

お申込みはこちらから♡
お申込みフォームへ






6月9日の「ゆたカフェ」ワークショップにむけて、
私はその限られた時間に、何を発信することができるだろうか、と
日々、時間のある限り、やっております。

そして、どうしてももう一度目を通しておきたい文書をひっくり返しては
そうだ、そうだ、とやっています。

と。

言葉のさす、そのことが、
頭ではなく経験として理解できる。

そんな部分が増えていることに気が付く・・・。

あんなにわけわからなかった文章が、
なんでわけわからなかったのかが、わからない・・・
当たり前のことが書いてあるに過ぎない。と思える自分がいる。

さて、数年前の、わけわからなかった自分と
今は当たり前で、そのとおり!うまいこという!と感心ばかりの私
この二人の差は、何なのか。

今日、それがなんか感覚としてわかった気がしました。

言葉で書くのは難しいけど、書いてみようと思います。

それは何も、私がえらくなったわけでも、すごくなったわけでもないのです。

ただ、「受け入れた」んだと思うんですね。

抵抗するのをやめた、とでもいいましょうか。
もしくは、頑張ってきた自分に執着するのはやめた。
とでもいいましょうか。

とても生きにくい(と思い込んでいた)幼少期と20代を過ごし、
その中で頑張って、気を張って、自分を犠牲にして(と思っていた)
自分としては、
その自分の頑張りを無駄なことだったなんていわれたくなかった。わけです。

いいたくもなかったわけです。
そんなことしてしまったら、私は何のためにその日々を必死に生きぬいていたのか
わからないから。

だから、大事でした。
頑張った自分の頑張りが。
出来うる限り最大限、自分を譲って、犠牲にして、生きていた。
と思っていました。

そんな自分では、到底受け入れられないわけです。
その本に書いてある、いろいろな叡智は。

だって、この世は夢だというのですから。
そんな世界をみているのは、あなたのエゴがみせているというのですから。

バッキャロー、そうだったというんだから、そうだったんだ。
大変だったんだ。生きるだけで。
そういいたい自分がいました。

そして、その自分がセルフイメージでした。

それを全部手放す。
なんて、できるかい!

*****************

今日は、ひっくり返して読みだした文章の
指示通りに瞑想して、
涙がとまらなかった。
それは、悲しみとか浄化の涙ではなかった。

ただただ、喜びと感謝と慈しみの涙なのでした。

それは、私が何にしがみつこうが、
何に執着しようが、
事実は、、、真実は、いつもかわらずそこにあったということ。

真実とは、
私は宇宙であり、宇宙は私であり、光は私であり、私は光であり、
目に見える分離しているとおもっている人々も、
ただ、大きな意味で、私であったということ。
それは、みな、愛なる波動であったということ。

これを体験して、観じて、
なお、自分は頑張ったんだと世界にわかってもらいたくて抗議しつづける
小さな枠の自分が大切???なんて・・・
なんでそんなにそのことにとらわれていたのだろうかと
わからなくなったのでした。

これが、気づきというものか。

世界はやはり、一息ごとに、変わるのです。
変わることが、自然なことですから。

********

そんなことを思っていたら、降ってきた言葉。

「あなたが経験したこと。頑張ったこと。傷ついたこと。感じたこと。
 おいたち。あなたを作り上げたすべての要素。
 だからこそ、わかることがある!
 生きてくれてありがとう。
 あなたが感じたすべてのことに、ありがとう。
 そして今それを訂正する勇気に、祝福を送ります。
 あなたしかなしとげられない、大いなるチャレンジに」

だって。

大変だった時間、過酷な幼少期、傷ついた心、

すべては、それを光に変容させて、輪が完成するようです。
私だからこその輪が。

それが、オリジナルの軌跡・・・・奇跡。

すごく大きなリフレーミングだ。

うちの前に住み着いているキジくん。
今日は写真を撮らせてくれた。
キジ

最近は、ホッホッとふくろうも鳴いている。

結構いろんな鳥たちが住んでいて、
当たり前のことなんだけど、
生きているのは人間だけじゃないよね。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM