昨日私が主催する「あの世に聞いた、この世の仕組みinさいたま」が
さいたま新都心で行われました。

180席が満席で、熱気につつまれる会場で
黒斎さん(これがすごくナイスガイ、かっこいいんだ)が
2時間半ぶっ通しのまさに爆裂トーク!

いや〜、本当にわかりやすく精神世界の話を図解してくれました。
その中に笑いあり笑いあり、大爆笑あり。

アンケートには

スピリチュアル界の綾小路きみまろ?
スピリチュアル界の池上彰、
第二の江原さん、

などという言葉が躍っていました。

ブログでは伝わりきらない核心の部分を、見事にライブで表現してくださり、
お客さまも大満足のご様子でした。

私も初めてのイベント主催でしたが、
いろんな方々のお力添えと応援をいただいて、
本当に楽しい素晴らしい時間をすごすことができました。

やって、よかった〜。

そして、私のまったくの趣味・・・というかやってみたいからという理由だけで
「雲黒斎さん㊙インタビュー!」も行いました。
お金になる話とかじゃないけど、いい?って聞いたら、
黒斎さんあっさりokしてくれました。

そして、3回にわけて、お話きいてきましたよ。

これから記事にしていこうと思いますので、お楽しみに〜。
ひとまず、大成功のご報告でした。




 あのインパクト大な誕生日プレゼントをくれた次女の
今日が7歳の誕生日。

私が送ったのは、手作りケーキ。
お姉ちゃんと一緒にデコレーションしました。
どんなケーキがいい?って聞いたら、
「チョコレートのプレートにお誕生日おめでとうってかいてあるやつ、あれがついているやつ」というお返事。


スーパーの製菓売り場をみたら、なんかディズニーキャラの絵がついたチョコプレートが280円。(ゲッ、高っ→却下)

作りました。クッキー生地にチョコレートをまぶしたプレートを。
そしてチョコペンで人生初のメッセージ記入。

スポンジはレシピなどみず、適当に感で材料を入れて混ぜて焼いた超オリジナル。
適当に練ったクッキー生地にささっとかいたおめでとうプレート。
細かい文字はできなさそうなので、「お誕生日」というフレーズはカットしました。

結果、ド素人らしさ満載の代物が出来上がりました。
ケーキ

型にはまらない手紙のお返しは、型にはまらない手作りケーキ。

私たち、親子です。

**********
7年前にこの子が生まれた。

メロン大の子宮筋腫がある中で、緊急手術になってもいいように
ダブルスタンバイで臨んだ出産でした。

破水して時間がたってしまったために、
抗生剤を点滴しながら、陣痛促進剤を打っての
かなり不本意な出産。

だけれども、それが現実でした。
黄疸がひどく、私が先に退院して、
娘は3日間一人で入院が延長になりました。

産後のふらふらの体で、
絞った母乳を毎日病院に届けたことは
ほとんど記憶にありません。

1年後の12月20日。
子宮筋腫による大量出血。
すぐにホルモン治療が開始され、突然、母乳をストップすることになりました。

おっぱいがほしくて泣き叫ぶ彼女を
なんとか泣き疲れて寝てくれるまであやして、
「自分の体はどうなってしまったのだろう。
どうしてこんなことになってしまったのだろう」と自分を責める毎日。
一人で泣く時間も心と向き合う余裕もまったくない、
ただ必死な日々だったと思います。

あれから、7年。

月日はたち、その子は元気に大きくなって、
私に最高の笑顔をみせてくれます。

私と言えば、そこから始まった
自分をみつめる旅が、
こうして広がりをみせ、
現実世界の中の行動として表現できるところにやってきました。

感慨深いな。
ってちょっと思いながら、
豪華なのか、ただてんこ盛りにクリームのせただけなのか
よくわからないオリジナルケーキをほおばったのでした。

産まれてきてくれて、ありがとう。

すべての生まれてきてくれた方々へ、
ありがとう。



 私の誕生日にね。
かなりインパクトのあるプレゼントがやってきた。

6歳の娘が、自分のつかいかけの鉛筆をラッピングして
こんなお手紙と一緒に、ハッピーバースデーを歌いながらくれました。
天使かなと思いました。

手紙

最初の
「ままへ おたんじょうびおめで・・・」
あたりから、解読不可能です。

素敵でしょ。
一生懸命何かを書いてくれました。何かはわからないけど。

言葉じゃなくて、
気持ちが伝わるな〜って。

面白くて、かなり受けたあと、しみじみながめて
そのまま宝物となりました。

ありがとっ!

そんな娘も、明日誕生日。7歳になります。
伝説のヒーラー、ダスカロスと同じ誕生日です。

おととい、その娘が寝る前天井に向かって
「誰なの?名前は?」としゃべっているので
「誰かいるの?」ときいたら
「女の人がいる」と答えました。
お姉ちゃんが
「どんな服きてる?」ってきいたら
妹「服はない。顔と髪の毛だけだから(笑)」
と笑顔で答えました。

私は詳しく聞かず、ふとんをかぶって寝ました。
笑っているのだから、きっといい人(?)なんだろうと思って。

あ〜、つくづく、子供といると、面白いな〜。

 最近、まわりを気にせず、心から歌を愛して、大きな声で歌を歌いましたか?

「うまくきこえるように」とか
「受ける選曲」とか
「場を盛り上げよう」的なカラオケの場のあのバージョンではなくて。

純粋に「歌いたいから歌う」「曲の持つパワーを体で体験する」

言葉にするとそういうことだけど、
やっているのは純粋な喜びとしてのストレートパンチ。

********

今日は充実してました。
セッション交換会をやって駅まで帰ってきたら
近所の人が電話くれて「あっ、かわりますね」っていったら
子供が出て「早く帰ってきてよ、鍵があかないよ、今どこ?これからまた行くんだよ。いそがしいんだよ」と。
もうあと10分でつくところで、子供の方がかぶせてきたよ。

はいはい。今帰るから待っててね。といって、急いで帰ってもごはんは炊けてないし、
すぐに出せる麺類も品切れ。
そこで圧力鍋でピラフ(それも初挑戦)を適当な水加減とすべて感覚だけで作り、
なんとか20分で用意して、ごはんを食べた。

なんでそんなに急いでいたかって?

子供たちの通うフリースクールで、夜7時から齢80を超えた大御所音楽家先生のピアノによるリズム体操があるというので、親も参加可能って言われていってきたんですよ。

ああ、面白かった。
体を動かすってすごいね。
しかも、楽しんでね。みんなと一緒にね。
それにしても子供ってすごいね。いかに自分の体が固まっているかわかりましたよ。

そんなこんなで体がほぐれたところで、
歌。なんです。

歌った歌は童謡と言ってしまうにはそのカテゴリーを超えたエネルギーのあるやつばっかりで。

「一瞬の”今”を生きる」という歌を歌いました。

「一瞬の今を、千秒にも生きて、このうれしさを胸に刻もう」という歌詞がありました。

涙があふれてきて、
幼いころの感覚を思い出しました。

どうしてこんなに頭でばっかり考えるようになってしまったんだろう。
生きているとは、考えることではなくて、
その瞬間、全部のこと、なのにね。

おっきなこえで、歌を歌おう。

 急なんですが、明日「セッション交換会」をします。

ご自分のセッションの練習相手を探している方、
HPなどにのせるモニターさんの感想を募集中の方、
いろんなセッションを体験してみたい方、
ヒーリング仲間とコミュニケーションを深めたい方
スキルの練習をしたい方などなど

提供できるセッションをお持ちの方ならどなたでもOKです。
(ベッドはありません)


明日 12月10日(金)
午後1時〜4時まで
東京駅から徒歩6分の会場です。
参加費は1000円。
おいしいお菓子とお茶もご用意してますよ。

楽しんでやってます。
参加したい方は、メールでお申込みくださいね。
明日の午前10時ぐらいまで受け付けてます。

info@@remember-project.net(@を一つとってね)

「セッション交換会参加希望」のタイトルでお願いします。
お申し込み後、詳細お知らせします。

一緒に楽しみませんか〜。お待ちしてま~す!





大事な用がありまして、バッタバタと(本当に笑えるぐらいバタバタだった)
2泊3日で韓国へ行ってきました。
そこで一句・・・

ソウルさぶっ キムチうまいね 珍道中

*****************

帰ってきたら、日本語版「奇跡のコース」がアマゾンから届いた。
分厚い。

パラパラっと昨日みたら、
慣れ親しんだ田中百合子さんの翻訳とはタッチがかなり違っていて
違和感を感じた。
読み易そうに書かれている。
一見。
そう、一見。

田中さんの訳が「難しそうにみせかけて、本当に難解」な日本語というならば、
大内さんの訳は「さらっと簡単そうにみせかけて、実は深い」といえるか。

田中さんの訳は、字を見ただけでクラクラしそうな「なんじゃこりゃ」的難しそうな匂いがプンプン漂う。そして、読んでみると????が並ぶ。それは「理解できないから理解しようとする」人々の行動を呼び起こすかのように、わざわざそうしてあるとしか思えない。
これが最初は「眠り薬」として超効果的♡なんだけど、ACIMの世界観を理解し始めたら
だんだんと味わい深くココロに入ってくるようになるから不思議だ。
そして、この普段は読まないし使わないであろう独特の日本語にすっかりはまってしまい、得も言われぬ魅力となる。
漬物でいえば、つかりきっているおばあちゃん家のぬかずけというところか。

大内さんの訳。
まだちゃんと読んでないのでなんとも詳しくはいえないのだけれど、
ちょっと見た感じ、どの家庭でも受け入れられそうなきゅうりのQちゃんという感じ。

おばあちゃん家の糠漬けを期待すると、ちょっとあっさりしていてあれって感じなのだろうけど、きっとたくさんの人が楽しめる味なんだろうな。
だから、これはこれで、読み始めたら、たまんなくファンになるんだろうな。

ああ、楽しみ。

************************

12月19日(日)開催 「あの世に聞いたこの世の仕組みinさいたま」満席です!
ReMember project 個人セッション 5枠限定 緊急モニター募集!(残席2)

数日前、下の娘が下痢嘔吐でダウンしたのをもらったのかもしれない。


3日前から私もなんだか調子がおかしかった。寒気とだるさ・・・。食欲はない。
「な〜んかいやな予感・・・」
そんな予感は的中して、おとといの夜、ついに38度。
久々に私もダウン。。。昨日も家でひたすら寝て、今日はなんとか復活しました。

そんな一連の3日間。

ああ、たまにダウンしてみるのも、いいな〜。

なんて思うほど、いろんな人がやさしくしてくれた。
それがどれほどうれしいものなのか、久々に体験できました。

〜3日間で言ってもらえた嬉しかったこと&発見〜
・もう寝てな。あとはやるから
・うぇ〜ん。私の寝ている布団の前で大泣きし始めた次女。(心配からか)
・大丈夫?無理しないで。仕事かわるから。
・もう帰っていいよ、あとはやっとくから。
・長女がテキパキと動き、いつもは嫌がる妹の世話を率先してしてくれた。
・全部自分でやらなきゃと思っていることが、
 実はもっとゆるめてもうまくまわっていくということがわかった。
 コントロールを手放す。ってこういうこと? 私がやらないと、他の人がやるんだから、
 その人にとってそれは何かを学ぶチャンスなんだよね。
 信頼して、まかせるって大事なんだな。
 責任感とコントロールの区別を学ぶいい機会でした。


 〜なんて言っても、私が元気だと、結局私がやる風になってしまうのは、
 自分で呼び込んでいるからなのかな。
 楽しければいいんだけど、もうやりたくないと思っているなら、
 あえて抱え込まなくてもいいんだよね。結局、調子が悪くなると、
 そのあたりのガンバっていたところを自分が自分で手放しちゃうからいいんだろうな〜。

久々のおなかの大掃除にもなった感じで、ウィルスが体の年末大掃除をしてくれちゃった感じです。ありがとう。そして、やさしくしてくれた回りのみなさん、ありがとう!

そんなことを感じた、2010年冬の風邪でした。


昨日は、作家の朴慶南(パクキョンナム)さんの講演会に行ってきました。

キョンナムさんの熱いお話は、すごくパワフルで、
笑いと感動、そして涙もながれ、
さらに朝鮮半島と日本の戦争の歴史の裏側や
今起こっている韓国と北朝鮮の情勢をキョンナムさんの視点で話してくれました。

そんな中、講演会ではいつも話されるというあるエピソードを
終了時間迫る中、2倍速回転で話してくれました。

キョンナムさんのお友達で、養護学校の先生の実際にあったエピソードです。
先生はくまちゃんのアップリケがついたピンクのスカートにフリルのブラウスをきるような
永遠の乙女チックなおばちゃん。
「あのね〜。そうなの〜」っと高い声でゆっくりと話す、ほんわかした先生なんだそうです。

さて、先生。
本を出版したことから講演会を行うことになり、地方から東京にでてきました。
山手線のホームで「混雑した電車に乗れるかな〜」なんて思っていたら、
目の前についた電車は、なぜか、すっぽり空いていたんだそうです。
それもそのはず。
そこでみた光景は「ヤクザさんが少年を殴っている」
まさにその最中だったそうです。車中の方はみんな見て見ぬふり。
そんな車両に乗り込んだ先生。

はい。ここで問題です。

Q、先生はどうしたでしょうか?
(チッチッチッチ)

では、答えがきまらないままでいいので、次の質問。

Q,では、あなただったら、どうします?

(チッチッチッチ)

::::::::::::

さあ、先生どうしたかといいますと
ヤクザさん(彼女はそう呼ぶ)のところにいって、
ギューっと彼を抱きしめ、背中をトントンしながら
「大丈夫だよ」って声をかけたんだそうです。

ヤクザ「なんだ、お前は!」
先生「だって、辛そうに見えたから」

その言葉に、ヤクザさんは号泣。

その後、二人並んで電車のシートに座って交わした会話です。

ヤ「あんた、どうして東京にきたんだ?」
先「講演会で」
ヤ「わざわざ講演ききにきたんか」
先「うううん、私が講演するんです」
ヤ「えっ、あんたが?」

そこで先生、自分の本を取り出してヤクザさんに渡しました。
ヤクザさんは、著者紹介の写真をみて「本当だ」とやっと納得。
(そのくらい、ふわふわしていて講演とかしそうにない先生なんだって)

ヤ「俺、講演聞きにいきたいけど、俺が行くとカタギの人に迷惑かけるから、行かない。
その代りこの本今俺に売ってくれ」
先「ヤクザさんにあげる。せっかくお友達になったから」

田舎に帰った先生に、すぐにヤクザさんから手紙が届いたそうです。
そして二人の文通がはじまりました。

ヤクザさんは、先生の本を組の若いもんに買わせて、毎朝「読書会」を行いだしたんだそうです。その読書会、ヤクザさんが本を読んで、若い者が聞いているというスタイルらしい。

そしてヤクザさんの目は変わったそうです。
人を殴らないって先生と約束までしちゃったそうです。

*******

キョンナムさんは先生に聞きました。
「どうして、電車で殴っているヤクザさんをみたとき、抱きしめたの?」

すると先生
「だってね、養護学校の生徒さんでね、いやなことやわかってもらえないことがあったとき
暴れだす子がいてね。そんな時はギューって抱きしめてあげると、落ち着くの。それを思い出したから、必死だったし何も考えないで、ヤクザさんを抱きしめたの〜」

このエピソードには続きがあって、
お二人の文通はものすごい展開をみせていきます。

このエピソードは、上にのせた
キョンナムさんの本でも紹介されています。

************************
************************

誰もが心に「知られたくない自分」の一部を抱えていて、
それは誰にも見られちゃいけないから、だからばれないようにかくそうとする。
本当は、泣いているのに、強くみせなくちゃなんないから威張る。怒る。
守ってほしいのに、弱さを見られたくないから、攻撃する。

だから「攻撃は、助けてほしいという叫び」なんです。
これは奇跡のコースが言い続けている内容でもあります。

************************
「私は、あなたが強いってことを知っていますよ。
 私はあなたが弱いってことも知っていますよ。
 私はあなたが内面に、強い部分と弱い部分の両方をもっていることを知っていますよ。
 そして私はあなたがそれ以上の存在であることも、知っていますよ」

 ↑
先日のNLPのセミナーでやった、ワーク。

たったこれだけのことなのに、誰かに言ってもらえたら、すごくホッとした。
「ああ、わかってもらえた」って奥の方で何かがゆるんでね。涙がでたよ。

「強い」の個所には、人に見られたい自分の側面。
「弱い」の個所には、人に見られたくない自分の側面。をあてはめます。

************************

12月19日(日)開催 「あの世に聞いたこの世の仕組みinさいたま」満席です!
ReMember project 個人セッション 5枠限定 緊急モニター募集!(残席2)










************************************

12月19日(日)開催 「あの世に聞いたこの世の仕組みinさいたま」受付中!
ReMember project 個人セッション 5枠限定 緊急モニター募集!(残席2)
************************************
今日は満月なんだそうですが、あいにくの雨。。。。

そんな中私は、
ヒーラー千裕さんが行っている「フルムーン瞑想会」に参加してきました。

チベットの瞑想法だという10分くらいの瞑想が最初のメニュー。
それは二人一組になって、一人が「あなたは誰?」とハートに向かってたずね
直感でおもいついたままをもう一人が答えていくというものでした。
答えが何であれ「ありがとう」と声をかけて
再び「あなたは誰?」ときくのです。

このやりとりを10分間続けます。
すると、あれやこれやとでるなかで、
玉ねぎの皮をむくように内面の奥にある
核となるエネルギーに触れることができる。

という説明でした。
うわぁ〜、コアトランスフォーメーションとすっごく似てる〜。
という感じでした。

やってみると、私はすんなりコアなエネルギーにつながって、
観音様の姿がイメージとしてみえてきて
そして黄色い暖かい情熱的かつ静かなエネルギーが
ハートに溢れました。

いつもそうなのですが、自分の核に触れるという体験は
感動そのものであり、またとても気持ちのいいものです。

涙が自然と溢れ「慈愛」と呼ぶほかないという思いで満たされるのでした。

そんな貴重な体験を楽しんでから、
メインの瞑想に入りました。

それは前から気になっていたOSHOのCDを使った瞑想法で約1時間近くもかかるものでした。
終わった後、すごくすっきりしたような、
背筋がピーンとまっすぐなったような、
不思議な調整後の感覚がありました。

ヒーリング効果のとても高い瞑想だと、
エネルギーヒーラーの千裕さんが教えてくれました。

実は、千裕さん。
レイキマスターにして、オーラを読むことができるので、
相手の状態をエネルギー的に整えてくれる方なんですね。
そういうセッションを数多くされているヒーラーさんです。
パワーストーンのエネルギーも読んでくれますので、
自分に一番あった石選びなんかもサポートしてくれます。

そんな千裕さんに
自分で自分のチャクラの状態をみて、
自分で調整がとれるようになる
「エネルギーセルフヒーリングクラス」
をやって〜と頼みました。

だって、私が受けたいから。


そんなに大勢の方は無理なのですが、
私と一緒にレイキをもっと有効に活用できる
「使い手」になりたいという方、
まずは自分自身のことをケアできるよう
ワンランクアップを目指しませんか?

楽しそうだよね〜。

近々、詳細アップできるように動きますね。

なんせ3時間前に思いついたばかりの
ホヤホヤ企画なので〜。
***********

雲黒斎さんのトークライブの企画の仕事をするのが
なんだかとっても楽しくて
「そうだ、自分がやってみたい、体験したい」と
思う興味のあることをみんなと共有するのが
何より好きなんだ。と改めて自分の性質に気づいた私。

だから、セミナー企画やイベントも楽しんで
やっていこうと思ってます。





お知らせ〜うんこくさい

うん こくさい です。
雲 黒斎。
この名前にピピピッとこられた方もおおいのではないでしょうか。

そうです。人気ブログ「あの世に聞いた、この世の仕組み」の黒斎さんですね。
私、このブログのファンで、出版された本も読まいただいておせてりました。

ある日突然“声”が聞こえた。
フツーのサラリーマンがあの世と交信して知った自分とは?幸せとは?人生とは―。

ごくフツーのサラリーマンの「僕」はうつ病による記憶障害に陥ってしまいました。
その病気を治そうとお医者さんにもらったキツーイ薬を飲んだところ、
突然、守護霊と話ができるようになってしまいました。
そして、黄色いシャツを着た関西のノリの守護霊は、絶妙なたとえを使ってこの世のからくりを教えてくれるではありませんか!
苦しみが生まれる仕組み、その苦しみから自分を解き放つ方法などさまざまなことを教えてくれます。
そして、その内容はみんなが知れば必ず平和な世界が訪れると思えるほどの内容だったのです!
そんな秘密、あなたも知りたくありませんか?
内容(「BOOK」データベースより)

そして、このたびなんと!
私のReMember project がプロデュースして
「あの世に聞いた、この世の仕組み in さいたま」
を開催することになりました〜〜〜。ぱちぱちぱち。

トークライブの面白さをぜひ生で体験したい方、
守護霊・雲さんから飛び出すこととは!?

会場に足を運んだ方だけが、生うんこ・・・いや
生雲黒斎ワールドを体験できる!

今日からチケット発売します。
黒斎さん、2010年締めくくりのトークライブ、ぜひ、どうぞ!

「あの世に聞いた、この世のしくみ in さいたま」
12月19日(日)12時30分開場 13時開演
ライブ終了後 本&DVDの販売とサイン会もあります。
会場:ラフレさいたま4F 欅の間 (さいたま新都心駅 徒歩7分)
3000円

おかげさまで満席となりました。受付締め切りました。ありがとうございます!
私も今から楽しみだ〜。


個人セッション
のモニターさん限定5枠 緊急募集!


いやいや、年末になりますと、いろいろとバタバタしますわね。
現在通っておりますNLPマスタープラクティショナーコースも年内で終了する予定です。
晴れてマスタープラクの資格を保持しますと、
コアトランスフォーメーション協会より認定をいただくことができまして、
わたくし、協会認定のコアトランスフォーメーションアソシエイトトレーナーになります。

ただし!セッションレポートを提出するという条件があるのですね。

そこで!  
モニターになってくださる方を大募集いたします。

コアトランスフォーメーションについては、協会のHPで詳しく載ってますので
気になる方はのぞいてみてください。

個人セッション3時間(初回)を10000円にて
5枠限定
(残席2)

で募集します。

このお値段での募集はこれ以降はないと思いますので、
コアトラを体験してみたい方にはチャンスです。
先着順でお受けいたしますので、こちらもご縁のある方との出会いを楽しみにしています。

詳細&お申込みはこちらをクリック!

急に、お知らせ付いているな〜。
どうぞよろしくおねがいします!


 




Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM