新しいメニューを思いつきました。

これまで私の提供するセッションは、短くしても1時間という枠。
源さんからのメッセージも、たっぷりA4の紙で3〜5枚という長さになっていました。

そこで、もっと気軽な形で提供できるメニューがあってもいいかも、と思いまして、
このたび、新しいセッションメニューをスタートすることにしました。

名付けて

「メッセージギフトセッション」

約30分のyukaのセッション+メッセージ入りカード(後日郵送)

というものです。
メッセージカードは、「そらとヨハンの物語」の表紙の絵も描いてくださった
アーティストEmaさんのオリジナルカード。

後日ポストに届きますので、2度楽しめるメニューです。

この度、始めるにあたって、モニターを3名の方におねがいできればと思い、
募集させていただきます。

モニター料金2000円です。

ご希望の方は、yuka5878@@gmail.com
(@を一つとってください)
まで「モニター希望」のタイトルでお申込みください。

3枠 → 残1枠

今回は、スカイプ、もしくはフェイスタイム(ソフトバンクの方)の環境がある方で
お願いします。

お申込みお待ちしています。


**********
ゆたかフェ ワークショップ「やわらか」
肉体と思考体の使い手として、使える秘密を教えます。
もう、知らずに生きていたあの頃には戻れません。
6月9日(日) 13:00〜17:00
大盛況で終了しました。ありがとうございました。
次回は6月28日(金)



なんだろう。。。カムイアーツなるもの。

今度ワークショップを一緒にやる五十嵐多香子さんが
私の前にその謎深き「カムイアーツ」なる存在を持ってきてくれました。

私も何度となく交換セッションの中でその技に触れ、体感しましたが、
「す、すごい」という漠然たる感想があるばかり。
おもしろいこと、間違いなし。
興味は尽きないのであります。

カムイアーツの創始者 真鍋氏のブログにて
この度の多香子さんとの企画が紹介されました。

カムイアーツについては、どうぞ真鍋さんのブログを
じっくりご覧ください。

と書いている私も、まだ全貌は全然わからず、
本当に不思議なものを観察している段階ですが。。。

カムイ・アーツオフィシャルHP

五十嵐多香子さんとのコラボワークショップを開催します。

3月に始めた交換セッションでは、
毎回、私の中のバランスがぐぐっと変化して
在り方が変わっていくのを体感する濃い濃い〜時間が流れます。

これは、わたし一人で味わうにはもったいなさすぎる!

という思いが、ワークショップ開催に至る出発点でした。

そして彼女とのセッションを経て、
私を通して出る言葉やエネルギーや思いを分かち合う場を作ることへ
一歩踏み出そうという勇気と機会をいただきました。
私たちと一緒に奥深い智慧にふれたい方は、ぜひご参加ください。

*************

 ゆたかフェ 
第1回「やわらか」

生きていく中でいつしか私たちは、頑張ることを覚えました。
負けないように、傷つかないように、守るために、勝つために
頑張って、がんばって、ガンバって!

そしてふと気が付くと、
『頑張らないこと=怠けること』と思い込んでしまっている自分がいるかもしれません。
でも、頑ななものは、実は弱い。
強い力に力で抵抗すると、最後は折れてしまいます。
しなやかに、柳のように、どんなことがきても折れずにいることは、
怠けていることとは違いますよね。
そうです。 「やわらかさ」が新たな在り方となったとき、
同じ日常、同じ人間関係の中にあっても、体験することが変わります。
世界の見え方が変わるのです。
心穏やかなる豊かな自分への扉、鍵となるのは「やわらかさ」です。

 今回のワークショップでは、体と思考の両面からアプローチします。
 「やわらかく」生きるための気づきをぜひ。


「やわらかい体」
ここで言う「やわらかい体」は、ストレッチ能力の高い体のことではありません。
楽に自分らしく生きられる体のことです。
「やわらかな体」を取り戻すために、「ブロック解除」の方法を学びましょう。
 ほんのちょっとのヒントで、体のあり方が大きく変わっていくのを体感してください。

 効果:人とのコミュニケーションがスムーズになる    
    ストレスに対処しやすくなる。    
          姿勢が美しくなる    
          自信がつく
    肩凝り解消   ・・・etc


「やわらかい思考」

「これはこうあるべきだ」。誰でもそう思う部分はあります。
 けれど、それはあなたを幸せにしているでしょうか?

「あの人って、なぜか本当にイヤ!」。
そんな人間関係を終わりにしたいとき、一体何ができるでしょうか?
絶交? 無視? 関わらない? 相手に言う?
そういった今までのやり方とは全く違うアプローチがあります。
しかも、心がとても穏やかになる方法です。

「やわらかい思考」とは、今こういう風にしか見えないと思い込んでいる世界を
違った風にみることのできる「心のメガネ」をかけかえること。

さて、新しいメガネをかけたら、あなたの世界はどんな風に見えるでしょう?


効果:イライラが減る
   心が乱れる場面を成長のチャンスに変えられる
   自分も他人も追い詰めなくなる
   コミュニケーションが円滑になる
   自分と仲良くなる、他人と仲良くなる


五十嵐多香子
バックグラウンド:
 カムイ衆(真鍋白鷹氏のカムイ・アーツ実践者)
 エンジェルリーディング&ヒーリング
 波動調整® QR認定プラクティショナー
ビオダンサ 

たかこさんのブログ「12枚の羽根の歌」

 yuka
NLP(神経言語プログラミング) マスタープラクティショナー
奇跡のコースに取り組み8年目を迎える。

 日時:6月9日(日曜日) 終了しました。ありがとうございました
 

回り道をしたのか、大切な寄り道だったのかわかりませんが、
世のバイトを楽しくやっておりました。

一旦、個人セッションや企画などの活動を休憩しておりましたが
ここにきまして、ようやく、元の道に戻ることにしました。

楽しく、そしてまた大切な時間を
ご縁のある方々と共に過ごしたいと願っています。

少しずつ提供できる場を作っていこうと思っています。

そして最初に告知させてもらえるのが、友人とのコラボ企画となりました!

現在交換セッションをしている友人で
すばらしいヒーリングとチャネリング
そして舞を躍る五十嵐多香子さんとのコラボワークショップです!

ゆかとたかこで
 ゆたかだね

ということから、

「ゆたかフェ」と名付けて、ゆっくりとでも濃い〜内容の会となりそうです。

私は 自動書記で源さんと打ち合わせしながら、
多香子さんは秘伝の舞やワークでぐっと深めつつ、

そのエッセンスをお伝えできる内容になるのではないかと思っています。

ぎっしり宝のつまった宝石箱、五十嵐多香子さんの紹介は、次回!

あっ、そうそう!

日程は6月8日(土)←日程変わりました。6月9日(日)です!
場所は北区を考えてます。

春休みなので、子供たちを連れて、新幹線でおばあちゃんのいる岡山県へ行ってきました。
帰りの道中、ずっと新幹線ですわりっぱなしでストレスもたまっていたので、
上野で途中下車して、上野動物園をぶらぶらしました。

子供のころから動物園はあまり好きではなかった私。
なぜなのかはわかりませんが、行きたいと思ったことはありませんでした。

そんな感情もうすれ、大人になった今では子供の付き合いで何度か行くものの
あくまでもお付き合いという感じでした。

ところが!
この度の上野動物園で、動物園の楽しみ方を開発し、超満喫したのでした〜。

一体なにをやったかというと・・・。


今、ダスカロスの三部作を読み返しています。
そこにエレメンタルについての詳しい説明があり、
それは6年前に読んだときには驚くばかりの内容だったのですが、
今ではすご〜〜〜く面白く参考になるのでした。

それで、急に試してみたくなり、
檻の中の動物に向かって、話しかけ、エレメンタルを創造して、投影するという
実験を行ったのでした。

結果でいうと、私の初チャレンジでは、鳥類・・・
しかもとても友好的な性格の鳥が反応してくれました。

まず、最初にいた鳥(ごめんなさい、名前も種類も忘れた)に
こっち向いてと語りかけ、
白い光を作ってこっちをむいているイメージを投影して投げました。

そしたら、本当にこっちを向いたんです。
偶然か!?

それで今度は羽を広げてと頼んで、広げている姿を想像して投影したら、
広げたのでした。

うわ〜〜〜。

ってびっくりして、そのことを子供に話すと、
じゃあ、クジャクのとろこでやってみてよ。とリクエストが。

確かに。
クジャクが羽を広げたところをみたいわな。

というわけで、しばらく歩いているとクジャクがいたので、
同じようにお願いして、そのイメージを投影してみました。

すると、しばらくは、知らん顔していましたが、あんまりしつこいと思ったのか
「しょうがないな〜。少しだけだよ」という感じで
片方の羽をささっと開いて、すっと閉じたんです。
ジャッ、ピュッって感じで。

やった〜!って喜んで、
次はふくろうのところで呼びかけてみました。

そうしたら、ぎろっと目をあけてじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜とガンを飛ばされ、
「何か用か」と。
そして、すべてを見透かされているような感じがする威厳ある眼力で
ただただ目をそらさず見つめ続けるのでした。

ついに私の方が、自分勝手な頼み(しかも自分がやっていることがどうなのか試してみたいだけという浅はかな理由なので)を引き下げ、すみませんでした。と謝って退散したのでした。

ちなみに、鷲は見向きもしなかったです。

なんだか小さなかわいらしい鳥は、飛んでといえばとび、本当によく反応してくれました。

というわけで、鳥にもいろいろ性格があり、
好奇心旺盛なやつから、素直な鳥、孤高の存在、おどおどした鳥、
面白かったです。

ちなみに、哺乳類は初チャレンジでは全然通じませんでした。

偶然飛んだり、こっちみたり、羽をひろげたりしたのかな〜〜〜〜????
これは引き続き実験&検証していこうと思います。

********

人間の思考は具体的な創造物です。
それは力を持ち、一度作ると消えません。
恨みつらみの感情もエレメンタル。
よき想像も、反対の想像も、同じく作り出しているということを意識すれば
一体今自分は何を創造したのか、
創造主たる自分の力を甘く見ない方がいいんだなということが、
ダスカロスの本を読むと
改めて大切だと感じる今日この頃。

超、超面白い、参考になる三部作です。







人間の可能性は果てしなく、面白い。
と、思わせてくれる宝の3冊です。


いよいよ前に進むときがきた。

心の重荷をおろしなさい。
自分が陥っているパターンを愛することを執着と呼ぶ。

執着は、愛ではない。

抜け出せない思考パターン、反応、信念。
それらはあなたに気づいてもらいたいから主張する。

「ああ、またこれか」と思う懐かしいおなじみの自己嫌悪、あきらめを感じたら
それは今こそチャンスにかわる。

あなたが自らを愛すれば愛するだけ、世界はあなたに愛をもたらすだろう。

ここで使った愛とは、尊敬すること。感謝すること。喜び、受け入れ、敬うこと。

まず、自分自身を許すのです。

許すチャンスを見つけたら、それは宝をみつけた瞬間なのですよ。

二つ前の記事に書いた、無意識的筋肉のこわばり解除。

それを初めてやったあの時、意識してこわばりを解除したら
すぐに勝手に活元運動がでてきた。

活元運動は、身体が本来を取り戻そうと自然に動き出す
その動きにまかせきる自力整体。

本来3つのポーズをやってから、
活元運動がでてくるのをまって、静かに身をまかせていくという感じなんだけど、
しっかり前準備をしても活元運動がなかなかでないときもありました。

それが活元を知ってから初めて、
勝手に体がぐるんぐるん動き出して、「あっ、活元でてきた〜」と
しばらく動くがままにしたのでした。

私の場合はなぜか右半分が動いてた。
手とかぶるんぶるん動いてた。


そして、それ以降、こわばりを意識したら、解除するように心がけてます。
そしておまけのように、よく活元がくっついてきます。

体は動きたがっているようです。

春だしね。

毒だしの季節だもの。

いろいろ整理して、整えて、
春はやっぱり新しいことに向かいたくなるように
できているんだね。


災害時などでも大活躍するのが、一斗缶で作る「ロケットストーブ」。
形をL字にすることで、火の上昇気流が発生する性質を利用して、
煙突部分にパワフルな火力が可能なんだよ。
だから調理に最適! 
本当、キッチンのガスコンロ並みにちゃんと料理できるのですよ。

友達に教えてもらって、私も先月作りました。
お豆腐屋さんからもらってきた捨てられるはずの一斗缶と
ホームセンターで煙突パーツを2個購入。
あとは一斗缶の中に保温する意味で、園芸用の軽い石みたいなやつを買って、
組み立てました。全部で3000円以内で完成です。

ロケットストーブ 下の口に拾ってきた枝をいれて
 どんどん燃やします。
 風がふいても、中の枝や灰は飛んで行かない構造で
 安全です。
 
 安全だし、災害時の備えにもなるし。エコだし。
 とはいいつつ、やってることは、完全に火遊び。
 いや〜、面白いよ〜。


今日は、我が家のロケットストーブで、夕飯作り。
メニューはカレーです。

それからお湯もたくさんわかして、湯たんぽつくって、
夜に備えます。

カレー

完成〜。

とっても面白いことを友達が教えてくれた。

現在、友人との交換セッションを始めたのだけれど、その1回目で伝授してくれた内容。

「じゃあ、私が正座で座るから、私を思いっきり押さえつけてね。私が立てたら、5万円払うんだよ。そのつもりで思い切り遠慮なく押さえつけてね」


そんなリクエストから始まって、私も???がいっぱいだったのだけれど、
言われた通りにやってみた。

「じゃあ、まず力で対抗して立とうとするね」
と言って、彼女はなんとか立ち上がろうともがく。
私も必死だ。

で、かろうじて抑え込み、なんとか勝った!

「じゃあ、もう一回。今度はもし私が立ったら10万円払ってね。
私はさっきとは違うやり方で立つね」

で、同じことをやってみたら・・・

あれ?なんか途中から力が入らない。あれ、あれ。と思っている間に彼女はすっと何事もないような顔をして立ち上がったんです。

「え~~~!?なんで?」

*********

さて、ここで教えてくれたのは「受容性のワーク」。

よく聞くかもしれないけれど、「ブロック解除」というフレーズ。
思考の中にある思い込みもブロックだし、
受け入れられない存在を批判している心もブロックだし、
過去のトラウマもブロックだ。

そんなブロック(お荷物)を解除(手放)して、すっきり楽に生きたいというのが
みなの願いだと思うのですが、
なかなかそのブロックに自分では気がつけない、気が付いていてもどうやって手放していいのかがわからない。というのが私の経験してきたところです。

そして今回教わったのは、それを手放していく、一つのやり方でした。

心のことも、過去の記憶も、思考のゆがみも、
ブロックは肉体ときっても切り離せない関係という前提です。

整体でもそうですが、本当に肉体は正直で、
それこそ本人は気が付かないままでいることでも、
肉体は全部語ってくれているんですよね。

で、今回はこのブロックを「無意識的筋肉の収縮」と呼び、
それを意識上に挙げていく作業をすることによって、
解除していく方法なんです。

**************

先ほどの押えつける実験では何をしていたかというと、
力に対して、力で対抗すると、強いものが勝つんです。
だけどとてもエネルギーを使いますよね。

ところが、ただ「立つ」という行為に使うのに必要な最少の動き、
「ただ立つ」という動きだけをすれば、相手は力をいれることができなくなって
結果、すっと立ててしまう。(私も交代でやってみたら、本当にそうだった!)

そのほかの無意識的緊張やこわばりや力み=筋肉がオンの状態を感じていき
みつけたらそこに光をあてて「オフ」とゆるめていく。

さあ、そして本当にそのことをすることに必要な筋肉だけをオンにして
あとはオフにできれば、
かなり体が柔軟性をもった状態になり、
また状況もスムーズにす〜っとうまくいくんだそうです。

無意識的に常にオンになってしまっている筋肉、
反応して余計にオンにしている状態、
これを意識して「オフ」にしてみる。

うん、面白い!
上にわかりやすい!

内面で起こっていることが、外の世界にでている。
という宇宙の法則も基本にあって。

**********

彼女が教えてくれたのは「カムイアーツ」という手法の入口なんだそうです。


**********

今の車は15年も頑張ってくれた大好きな車。
だけど、この決算期に買い替えることになりました。

そして、
この方法をひたすら試しながら、昨日人生初の新車を買いました。
営業の人と向かい合いながら、私の身体に起こっているいらない「オン」を
ずっと「オフ」にしつづけて、
ただ座って、話をするということだけを目指しました。

そしたらすごくがんばってくれて、とてもスムーズにいい買い物ができました。

日本の武道にも通じることだろうと思います。
体って奥が深い。

40年以上もこの肉体といっしょにいながら、
まったく使い方を理解していないことに、
驚くしかありません。

もっと深く知っていきたいな。

自分がブログをやっているという自覚(責任感)からもすっかり解放されています。
これはいいことなのか、と問えば、きっと変換の上に置いては大切なプロセスなのではないかと思ったりしています。
それでも久しぶりにアクセスログなるもとをみてみれば、なんでこんなアクセス数なのかびっくりする数字が目に入ります。きっとブログ運営サイドのシステムが壊れているのだろうと思おうとしていますが、そんなはずはないのですよね。

期待に応える。

ということを、やめようとして。


それでも結局、期待される存在になりたいと思う気持ちがいるわけです。


なぜそれじゃダメなの?

という質問を

すること(自分の部分)自体をわかってないといいたくなる、
もう一人の自分がいましたが

よくよく考えれば、

どちらもたいしたことない声だということ。

私は、今何をしているのか。
いいえ、その前に本当に何をしたいのか。
その答えがどうしてもみつからないまま、
だったら気が楽な時給のバイトがいいやという選択肢をとってみました。

そこで感じること、観ること。体験すること。

正直言って、楽しいのです。

すごく現場が楽しい。
しかし、思考がおいつかない。
私の価値観や思考からしたら、まったくもって否定したいくなるような場面が多々ある。

それも受け入れるという訓練なのか。

いろんなことをエゴは思考は考えます。
いろんな言い訳を考えるといってもいいと思います。

そしてどうにかして今の自分を正当化しようとする自分と
それを批判して見下す自分がせめぎ合っています。


観察結果です。


私の、私なりの人体実験。


混沌としたこの時期は、深く、また悲しみも多く、
私と思っている人間のモダリティを検討している時間でもあります。

分解です。


ある種、マゾ的快楽です。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

半自動書記で執筆中!

yukaの本棚

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM